青葉区版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

藤が丘 商店主が専門知識を伝授 誘客目的に定期講座開催

社会

日本酒講座では、利き酒会も行われた
日本酒講座では、利き酒会も行われた

 商店店主が”先生役”となって、各店で扱う商品の専門知識などを教えるカルチャー講座が9月23日、藤が丘商店会(佐々木恵美子会長)でスタートした。第一回目となる「浅野酒店」主催の日本酒講座には、満席となる25人の地元住民が参加。「講座をきっかけに、”その道のプロ”がいる商店街の魅力をアピールしていきたい」と実行委員会メンバーは意気込む。

 講座を通じて商店街の良さを見つめ直し、足を運ぶきっかけにつなげてもらおうと、今年6月頃、商店会役員が企画。「賑わう大型商業施設に負けない、商店街の生き残りをかけて」と30代の二代目若手役員メンバーを中心に立ち上げた。

 同商店会は集客を狙ったくじ引き大会を毎年年末に開催しているが、2011年度の開催期間中の売上げは前年比1割弱減だった。「一時的なイベントは人の流れも瞬間的。店舗に足を運べ、実際に店主の顔も見える講座を継続的に開催することで商店街に人を呼び込みたい」と佐々木会長は話す。同商店会加盟店は約80店舗。月一回の講座開催を目標に、若手役員は今後、各店舗を周り、積極的に参加を呼びかけていく。

地元ならではの店知る

 日本酒講座を企画した創業45年の「浅野商店」二代目・浅野雄太さん(37)は、神奈川の酒に親しんでもらおうと、同店で扱う人気日本酒の蔵元を紹介。海老名市「泉橋酒造(株)」の社員である寺田昌登さんを招き、利き酒会や米作りから行う同社の酒造工程を披露した。

 参加した藤が丘在住の堀井聡さん(59)は「講座を通じて、他の地域にはないような地元の専門店を知って、生活に活用していきたい」、内木文雄さん(55)は「若手が頑張っている商店街を応援していきたい」と話す。第二回目は10月21日(日)、トヤマ時計眼鏡店による親子対象の時計づくり講座。14時から「81.7カフェ」で。料金3千円。申込みは同店【電話】045・971・8162へ(17日締切)。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク