青葉区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

心を届ける手作り弁当 配食ボランティアが20周年

社会

「荏田まめの会」のメンバー
「荏田まめの会」のメンバー

 「バランスの良い弁当で、自立した生活を支えられれば」――。高齢者に手作り弁当を届ける、配食ボランティア「荏田まめの会」(松本寿美枝会長)が10月で20周年を迎えた。

 同会は1993年、荏田地域ケアプラザ(荏田町494の7)で行われた「配食ボランティア講座」をきっかけに設立。現在、毎週火曜日と木曜日、高齢者ら45人の利用者に手作り弁当を届けている。メンバーは42人。各実施日に約15人のメンバーが調理や配達を行っている。

”上掛け”で伝える思い

 「食材はケチらず、旬の走りの物を入れることなどにこだわっています。自分たちが食べて美味しい弁当を作りたい」と松本会長は話す。配食実施日、スーパーなどに寄り、食材を購入したメンバーがケアプラザに集まるのは昼過ぎ。ベテラン主婦たちは手際よく調理を分担し、午後4時ごろには弁当が完成する。丁寧に作られた弁当には、一つずつ手紙の書かれた”上掛け”が被せられているのも20年前から変わらない心配りだ。「これまで続けて来られたのも、仲間がいたから。また、これから一緒に活動してくれる仲間も募集しています」と松本会長。同会に関する問合せは、荏田地域ケアプラザ(【電話】045・911・8001)へ。
 

栄養や彩りが考えられた弁当
栄養や彩りが考えられた弁当

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク