青葉区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

歩いて見直す美しが丘 「次世代郊外まちづくり」

社会

街歩きをする住民たち
街歩きをする住民たち

 美しが丘在住の住民ら約70人が10月6日、街歩きをしながら、自分たちの街の現状や課題点、将来的な可能性を見つけるワークショップに参加した。

 これは、横浜市と東急電鉄(株)による、高齢化や住宅の老朽化が進む郊外住宅地を再活性化する事業「次世代郊外まちづくり」の一環。今年6月、たまプラーザ駅北側地区(美しが丘1丁目〜3丁目)が同事業のモデル地区として決定した。

 第一回ワークショップとなった当日は、10チームに分かれてモデル地区を街歩き。戸建て住宅地、社宅、桜並木、商店街コースなど計5コースに分かれ、美しが丘の今を知った。

 街歩き後は、各チームに分かれ、美しが丘小学校体育館で意見集約。住民からは、「改めて階段が多い街と感じた。階段をスロープにできないか」「コミュニティバスを走らせる」「公共のレンタルサイクル場を作る」など活発な意見が出た。

 10月21日(日)には、今回出た意見を生かした第二回ワークショップ「将来の課題を把握して未来の物語を描こう」を実施。市と東急電鉄(株)は、地域住民と10月から来年3月まで計5回のワークショップを開催し、街再活性化計画を考案する。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク