青葉区版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

名物先生の『ゴール』から始まる治療とは?

 桂台・アークデンタルクリニックなどを運営する翔栄会の”名物ひげ先生”こと、須田孝則理事長。その治療の進め方は特徴的だ--。治療に入る前に患者に対し、歯の模型を見せながら、個々の症状を説明し、その患者にとっての目指すべき「ゴール」を提示する。そのために必要な治療の過程を伝えながら、患者と共に治療プランを練っていくのだ。

 「料金形態を明確にすると共に、中途半端な形で終わらないようにするためです。例えば歯痛の場合、『痛い』ところの治療が終わると、他の箇所の治療を終えないまま、通院しなくなる患者さんが多いんですよ。口腔内全体が改善されないから再発してしまう--の繰り返しになる。それを防ぐために、患者さんに治療の進め方を把握してもらいたいんです」と須田理事長は説明する。

 その「ゴール」を目指すための治療法を増やすために、多くの学会に参加、貪欲に”歯科”を追求している。最少4本のインプラントで入れ歯を固定し、安定度を高める「ミニインプラント」技法や、入れ歯の裏側に強力な小型磁石を付け固定する「アタッチメント義歯」などだ。「結局、人が好きなんです。『ここに来て良かった』と言われる歯科医院でありたい」
 

明るいスタッフが揃う同院
明るいスタッフが揃う同院

すだ歯科医院

横浜市青葉区桂台2-29-12

TEL:0120-8020-14

http://www.k5.dion.ne.jp/~arc-dc/

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク