青葉区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

昨年の1・6〜3倍の飛散量 花粉症予防は2週間前から

 今年の花粉飛散予測が発表され、2月下旬から前年の1・6倍〜3倍の花粉飛散が見込まれている。「飛散する前、症状が出る前の対処が大切です。点眼や内服薬のほか、日常生活で身近にできる方法で、上手に花粉の時期を乗り越えましょう」。青葉台駅直通『小川眼科』の茂田真里医師に対処法を聞いた。

 目のかゆみ、充血、まぶたの腫れ、流涙など様々な症状を引き起こす花粉症。特に、涙が集まる目頭にかゆみが集中する場合は、花粉症を疑う必要があるという。「花粉症は瞳の表面が炎症を起こして、火傷と同じような状態です。まずは眼に花粉を入れないことが、最も有効な対処法です」。

セルフケアで花粉対策

 日常生活で簡単にできる対処法として、【1】マスク・ゴーグル・帽子などの着用、【2】花粉が付着しやすいウールや綿素材の衣服は避ける、【3】衣服や髪に付いた花粉を払って、家の中に花粉を持ち込まない、【4】眼を人工涙液を使って洗う、【5】洗濯物や布団は部屋干しにする、【6】空気清浄機を利用するなどが挙げられる。「また、コンタクトレンズの装用は極力避け、使用する場合は、1日使い捨てのソフトコンタクトレンズを利用しましょう」。

飛散の2週間前から

 同院では、花粉症の点眼薬・内服薬の処方も行っている。抗アレルギー作用をもつ目薬や内服薬は、飛散する2週間前から使用することが望ましく、症状軽減にもつながる。「かゆみなどの症状が強い場合は、ステロイドを含む目薬が効果的です。まずは早めに眼科医に相談しましょう」。
 

炎症を起こし、腫れたまぶた
炎症を起こし、腫れたまぶた

医療法人社団 泰薫会  小川眼科 青葉台 

横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエアNorth-1 2F

TEL:045-985-8200

http://www.ogawaganka-aobadai.jp

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

じねんじょ庵、本日オープン

「蕎麦ダイニング」 青葉台に誕生――

じねんじょ庵、本日オープン

2月15日号

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

春期講習申込受付中

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

2月15日号

感染症になってしまったら

子育てコラム「もみじのおてて」【8】

感染症になってしまったら

2月15日号

『WHY(なぜ)』鍛える自学塾

限定の「獺祭(だっさい)」予約受付中

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク