青葉区版 掲載号:2013年2月14日号
  • googleplus
  • LINE

街歩いて安全マップ作り 美東小児童が県警と連携

社会

安全マップ作りに挑戦する児童たち
安全マップ作りに挑戦する児童たち

 「この商店街、たくさんお花が置いてあったね」「あの場所、落書きがいっぱいあった。人が通らない所なのかな」。模造紙一面に児童が、次々と街で見掛けた安全な場所や危険だと感じたスポットを記していく。

 これは、美しが丘東小学校の放課後児童育成「はまっこふれあいスクール」の児童約20人が、県警や美しが丘連合自治会らと取り組んだ、「地域安全マップ」作りでの場面だ。写真やペンで彩った、児童オリジナル安全マップが完成した。

「防犯意識の向上に」

 今回のマップ作りは、県警が同校をモデル校として昨年9月から始めた、地域で花の世話をしながら登下校中の児童の安全を見守る「フラワープロジェクト」の一環。同校は昨年、通学路となる商店街や住宅街に設置してもらう、計100鉢の鉢植え作業を実施。 今回は街へ繰り出し、実際に鉢植えが置かれている場所、児童らを確保する安全拠点「こども110番の家」や危険だと思う場所を地図に落とし込む作業を行った。普段通い慣れている道路だが、児童たちは「信号があった方が良い」「鉢植えがあるから安心だね」など改めて街の現状を知った。また、児童たちは、地域の人々に聞き込み調査。「ここは、道路を渡る時気をつけてね」などの注意点を聞いた。

 全国で登下校中の児童が巻き込まれる事故や事件が相次いでいることから始まったプロジェクト。「地図作りを通じて子ども自身の被害防止能力向上につながれば」と県警や地域は話す。
 

商店店主に道路状況を確認
商店店主に道路状況を確認

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク