青葉区版 掲載号:2013年2月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「除菌水」でウイルス・菌を死滅させる 歯科レポート 歯科治療で全身疾患を防ぐ

山下修 理事長
山下修 理事長

 歯科治療を「医療の総合窓口」として、患者の全身の健康と向き合う歯科医師が、医療法人(社)究修会「山下歯科医院」の山下修理事長。近年、歯科治療では口腔内細菌やウイルスが原因となり感染症や誤嚥性肺炎、糖尿病、心臓病などの全身疾患を引き起こすケースも報告されている。ウイルスや口腔内細菌を死滅させる「除菌水」を使用した、独自の治療を行う山下理事長に「全身疾患に着目した歯科治療」について話を聞いた。

 横浜市は先月末、インフルエンザ警報を発令し、市民に注意を促している。「青葉区内でも患者数は増えておりますので、あらゆる場所で予防が必要だと思います」と山下理事長は話す。

 山下歯科医院では、感染症対策として目に見えないウイルスや菌を死滅させる「タンパク分解型除菌水」を導入し、院内感染、治療中の全身疾患へのリスクを軽減している。この除菌水は人体に影響がなく、ウイルス対策として大学病院や企業などで採用されているものと同様の効力を持つ。「感染症や肺炎など全身疾患と歯科治療の関係、医科歯科連携など、現在は歯科医師に求められていることが大きく変わってきています。これからは、虫歯治療やインプラント手術をするだけでなく、歯石除去などの簡単な治療でも起こりうる全身疾患のリスクに着目し、歯科治療を行うべきだと強く思います」。

「リスクを減らす」

 同院では20年程前から除菌水を使用した歯科治療を進めてきた。「この方法は一般的な歯科治療に比べ、歯周病の予防と再発防止に役立ち、インプラントの残存期間も長くなっています。なによりウイルスや口腔内細菌を死滅させることができるので、全身疾患のリスク予防に役立っています」と山下理事長。

 同院では、歯科器具の洗浄、院内清掃、治療時の水、加湿器などにも、この除菌水を使用し、院内の除菌・滅菌に力を入れている。また除菌水を使用した治療後のアフターケアも推奨。山下理事長は「口腔内のケアはもちろん、鼻うがい・うがいなどへの利用にも役立てください」と話している。
 

医療法人社団 究修会 山下歯科医院

横浜市青葉区もえぎ野6-3

TEL:045-973-2892

http://www.y-dc.net/

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク