青葉区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

設立30年を迎える横浜緑吹奏楽団の団長 中澤 良水さん 旭区在住 52歳

気持ちが作る『いい演奏』

 ○…「みんなで一つの曲を仕上げる。それぞれの音が交わった時はたまらない」。それが合奏の醍醐味だ。区内で活動するアマチュア吹奏楽団に在籍し、14年。学生から60代の団員60人をまとめる。「プロではないけど、アマチュアだからこそできる音楽を」。考えた一つが乳幼児から入場できる「青葉こども音楽まつり」だ。音楽鑑賞を遠慮しがちな子育て家族に向けたもの。「泣き声や話し声も大丈夫。音楽をもっと身近にしたい」

 ○…練習日程の組み立てや場所の手配、時には指揮者と演奏者の間に入るなど、団員が音楽に集中できる環境を整える。「息を吹き込み、楽器が共鳴して音が出る。だから音は気持ちに正直」。楽団の雰囲気が演奏の良し悪し決める。楽器は金管楽器・ユーフォニアムを担当。優しく丸味のある響きは、主旋律を生かす対旋律や伴奏など多彩な役割を担う。「合奏で初めて活躍できる楽器。一人で吹いても面白くもなんともないからね」

 ○…京都府出身。楽器との出合いは中学の吹奏楽部だった。「かっこいい」と憧れのトランペットを志願したが、楽器が足りず奏者を決めるジャンケンに負けて断念。「もうここには用がないなって思って、卓球部に入ろうとしていた」と笑う。その足を引きとめたのは何気なく手に取ったユーフォニアム。素人には難しい楽器だが、試しに吹くと音が鳴った。「『俺でもできるんだ』っていう感動が今でも忘れられない」。演奏歴は今年で40年を迎える。

 ○…「音楽は家族の理解があってこそ」。中学吹奏楽部時代の後輩である妻は、演奏会に度々来てくれる。「お客さんの受けがどうだったとか助言もくれてね」と心強い。結婚記念日には、昔の勤務先近くにある『木かげ茶屋』のケーキで感謝を表す。大学生の息子はクラリネット奏者として大編成の交響楽団に在籍。「自分より大きなホールで演奏しているよ」と顔には嬉しさがにじむ。一番身近な家族に『いい演奏』が伝わる。
 

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

糸川 史生さん

自然災害復興支援チャリティーコンサート「あおばカノン2018」の旗振り役を務める

糸川 史生さん

3月1日号

臼田 欣也さん

すすき野で32年間人形劇公演を主催する

臼田 欣也さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク