青葉区版 掲載号:2013年6月6日号
  • googleplus
  • LINE

ハマ債金利、大幅上昇 昨年度から0・22%UP

 横浜市は、5年満期の市債「ハマ債5」の2013年度第1回発行条件を5月28日発表し、金利を前回の0・18%から、0・4%に引き上げたことがわかった。募集期間は6月25日までで、発行は6月28日。発行額は50億円となっている。

 金利が0・4%台になったのは、11年度9月の発行以来。前回からの上がり幅は0・22%で、市によれば、「近年にはあまりなかった上昇幅」だという。

 市債は、市が歳入の不足を借り入れるため発行する債券。国が同様に発行する債券は国債と呼ばれる。債券購入者には、元本と利子が発行元の市、または国から支払われる。 

 利率が上がれば利子は増えるため、購入者増加が見込めるが、その分市や国は多額の利払い費を抱える。

 横浜市債の引上げは、国債の金利上昇に準じたもの。利払い費が増えることで、横浜市の財政に影響が出るかどうかについて担当者は、「余裕を持って予算は確保しているので、ただちに他の事業費を圧迫することはない」と話している。
 

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク