青葉区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川都市交通 タクシーで子育て支援 今秋からサービス開始

社会

妊婦ベストを着用し、利用者から見たサービスの確認を行った「子育てママ体験講座」
妊婦ベストを着用し、利用者から見たサービスの確認を行った「子育てママ体験講座」
 妊婦や乳幼児を伴った外出サポートを行う「子育てタクシー」(一般社団法人全国子育てタクシー協会)のサービスを導入するため、神奈川都市交通(株)(本社・西区桜木町)が6月から、従業員に向けたドライバー養成講座を開始した。今秋のサービス開始を予定。区内初の試みとなる。

 子育てタクシーとは、タクシー事業者と地域の子育て支援事業者が連携する外出サポート事業。利用者は事前登録(妊婦や子どものみ)を行い、幼児の保育園送迎や妊婦の病院送迎など、緊急時の交通手段を円滑に確保できる。

 一般社団法人全国子育てタクシー協会が指定する養成講座を受講したタクシー事業者が実施。認定されると専用ステッカーが配布され、目印となる。取り組みは全国で行われ、市内では6社が認定されている。

 青葉区で営業するタクシー事業者は現在、神奈川都市交通(株)の1社のみ。今回の事業導入は、同協会理事を務める大野慶太さん(東宝タクシー(株))が、同社に話を持ちかけ実現した。大野さんは「子育て世帯の多い青葉区は、ニーズが高い地域」と期待を込める。

 開始は秋からだが、加盟タクシー事業者として、既に同社名が協会ホームページに記載。ホームページを見た病院や利用者から、同社へこれまでに、10件以上問い合わせが寄せられ関心の高さがうかがえる。

 青葉区の子育てタクシーは、同社とNPO法人ワーカーズコレクティブパレットが連携。9月初旬にサービス開始を予定している。

利用者の視点、サービスに

 講習会は、同社従業員84人が受講。子育てママ体験講座では、受講者が妊婦ベストや幼児の視野を体感するゴーグルを着用し、利用者目線でサービスを確認した。コーディネーター役として参加した金子美津子さん(同協会専務理事)は「タクシードライバーのほとんどは男性。子どもや妊婦の利用者目線を体感してもらうだけでも、子育て世帯は利用しやすくなる」と話す。同社の竹内常夫業務課長は「ドアを閉める音、声掛けなど改めて不十分な点に気付かされた。これを機にサービスを更に深めていきたい」と話す。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月29日号

子育て拠点 市ケ尾にも

被災地と中継し講座

星槎大学

被災地と中継し講座

3月22日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

「居場所づくり」全国で発表

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク