青葉区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

横浜FCトップチームの公式戦に出場可能な選手となった 高丘 陽平さん 青葉台在住 17歳

日の丸背負う、若き守護神

 ○…プロサッカーリーグ「J2」に参加する、横浜FCのユースチーム(高校生)に所属。若干17歳でトップチームの公式戦に出場可能な選手として、5月に登録された。ポジションはゴールキーパー。「素直に嬉しい。これに満足することなく、もっと上を目指していきたい」と気を引き締める。既にトップチームの練習にも参加。「みんなのレベルが高いので勉強になります。どんどん吸収していきたい」

 ○…生まれも育ちも青葉区。幼稚園年中の時からサッカーを始め、小学校低学年時は、フォワードの中心選手として地元でプレー。しかし「近所の強豪チームに勝ちたい」と小3の時、区内でも有名な「あざみ野FC」へ入団した。移籍後はレギュラーではなく「ベンチを温めることも多かった」と唇を噛む。転機は4年生。「監督に言われ、たまたまキーパーで出場したんです」。相手のシュートを何本も止め勝利に貢献。「とにかく気持ち良かった」と、運命のポジションに出合う。

 ○…小学6年生の時には県代表選手として関東大会で優勝を収める。中学時代はセレクションに合格し、横浜FCジュニアユースへ。「レベルの高いチームメイトや相手にシュートをバンバン入れられて、悔しかった」と挫折を味わう。キーパーとして、身長が高い方ではなかったが「体はいつかでかくなる」と基礎技術を徹底的に磨いた。地道な努力を続けた結果。昨年12月、U-16日本代表の沖縄合宿参加に声がかかった。「初めて代表に呼ばれてすごく嬉しかった」

 ○…左胸に日本代表のエンブレムが入った憧れのユニフォーム。ラオスで行われた親善試合で背番号1に袖を通し「いつもテレビで見ている側だから、鳥肌が立った」。10月にはU-17ワールドカップがUAEで開催。「(代表入りを)もちろん目指しています」と即答。将来の夢は「A代表としてワールドカップに出場すること」。若き守護神は頂上を見据えている。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

糸川 史生さん

自然災害復興支援チャリティーコンサート「あおばカノン2018」の旗振り役を務める

糸川 史生さん

3月1日号

臼田 欣也さん

すすき野で32年間人形劇公演を主催する

臼田 欣也さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク