青葉区版 掲載号:2013年7月4日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区 防災計画を修正 「自助」「共助」の取組を強化

社会

写真・イラストなどを使い、読みやすさを工夫
写真・イラストなどを使い、読みやすさを工夫
 青葉区はこのほど、地震災害が発生した場合の基本的な計画となる、「青葉区防災計画」(震災対策編)を修正。6月から運用を開始した。甚大な被害が発生した東日本大震災の教訓を踏まえ、「減災」をキーワードに「自助」「共助」の強化を図ることなどが織り込まれている。

 震災への備えや災害時の対応を定めた防災計画は、市内各区で作られているもの。東日本大震災の教訓を生かし、4月に「横浜市防災計画」が修正されたことに合わせ、各区で計画の修正が行われている。青葉区では12年10月から、防災計画の修正に向けた素案の作成に着手。区民から募集した意見や区災害対策連絡協議会で出された意見を踏まえ、計画がまとめられた。

元禄型関東地震で震度6弱

 市の地震被害想定で、最も被害が大きいとされているのが元禄型関東地震。防災計画に記されている、青葉区の震度は「5強〜6弱」(一部5弱エリアあり)。冬の平日18時に発生した想定では、「揺れによる建物全半壊被害」は1129棟。「火災による焼失数」は36棟。「建物の倒壊による死者」は4人。「火災による死者」は1人。いずれも18区中最少となっている。「青葉区は『区画整理された市街地が多い』、『地盤が固い』、『海から離れているので津波の心配がない』などの特性で被害が少ない想定ですが、被害が想定されていない訳ではないので、油断しないようにしてください」と区担当者は話す。青葉区防災計画は現在、区ホームページ(http://www.city.yokohama.lg.jp/aoba/)からダウンロードが可能。また、7月中旬には製本され、自治会・町内会に配布される予定だ。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月29日号

子育て拠点 市ケ尾にも

被災地と中継し講座

星槎大学

被災地と中継し講座

3月22日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

「居場所づくり」全国で発表

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク