青葉区版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

糖尿病による症状とは? 早期発見で合併症を防ぐ

武田 浩 理事長
武田 浩 理事長
 「糖尿病を放置すると、立ちくらみ、下痢、便秘などの自律神経の障害が出るようになります。また、もっと重症化すると失明の恐れもある病気です」と話すのは『あざみ野坂の上クリニック』などを手掛ける武田浩理事長。

 糖尿病の初期段階では症状は無く、あったとしても「喉が渇く」「だるい」程度。しかし、この状態を数年放置すると合併症による症状が現れる。

三大合併症や動脈硬化も

 糖尿病は、インスリンが不足することなどで血液中のブドウ糖が増え、血糖値が慢性的に高い状態になること。網膜症・腎症・神経障害の「三大合併症」や脳梗塞・狭心症・心筋梗塞などの「動脈硬化性疾患」になる恐れもある。同院では、大学病院など一部の医療施設にしかない「FMD検査」機器を導入。動脈硬化の初期段階を適切に診断し、早期治療につなげている。

専門医と療養指導士育てる

 武田理事長は、日本糖尿病学会認定の糖尿病指導医・専門医。本院の『武田クリニック』(伊勢原市)は、糖尿病専門医や糖尿病療養指導士を育成するための研修施設にもなっている。「地域の医療機関、大学病院と連携し、質の高い医療の提供、気軽に相談できる医療を目指しております」と武田理事長は話す。

糖尿病教室を開催中

 同院では、正しく病気を理解するため「糖尿病教室」を偶数月に開催(2月は現在、準備中)。参加費無料。

あざみ野坂の上クリニック

横浜市青葉区あざみ野南2-14-4

TEL:045-509-1024
FAX:045-509-1631

http://azasaka.jp/

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク