青葉区版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

今年こそ「卒煙」を

菊池 敏樹 院長
菊池 敏樹 院長
 動脈硬化など、様々な疾患と関わりのある煙草。煙に含まれるニコチン依存を薬物でコントロールする「禁煙外来」が保険診療で行われている。 治療は3カ月・全5回。治療を終えた人の禁煙達成率は8割弱、更に9カ月後、禁煙を継続しているのは5割だと言う。

煙草必要としない思考に

 「禁煙を継続するには、煙草を必要としない思考パターンを作ることが重要です」と話すきくち内科の菊池院長。同院は3カ月で喫煙、内服ゼロを目指す。「薬により煙草に対する感覚が変わっていくのを体感した後、そのメカニズムを学んでもらい記憶に定着させます」。その後、煙草をやめる具体的計画を患者と一緒に立てる。治療期間中は院長のほか、看護師も禁煙状況を把握して積極的に患者をケア。また、治療後3カ月、半年後に手紙を送り禁煙意識を継続させる。「外来終了後も禁煙できる『卒煙』を目指し、サポート致します」と菊池院長。

在宅診療を実施

 同院は在宅診療を昨年から始めている。「今年も地域の皆様のニーズに広く応えていきたいです」と話す。

きくち内科

神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1167-1

TEL:045-532-5941

http://www.kikuchi-naika.com/

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク