青葉区版 掲載号:2014年2月13日号 エリアトップへ

市立中学校作文コンクールで、教育長賞を受賞した 田畑朱理(しおり)さん 市ヶ尾中学校1年生

掲載号:2014年2月13日号

  • LINE
  • hatena

家族の大切さ形に

 ○…2013年度横浜市立中学校作文コンクール(横浜市立中学校教育研究会国語科部会主催)で、最優秀賞より上で、2人しか取れない教育長賞を受賞。市内148の中学校、501点の中から選ばれた。「あまり賞を取った実感がないですけど、自分の素の気持ちを書いたものが評価されて嬉しいですね」とはにかみながら笑顔を見せる。

 ○…作文のタイトルは「十枚目の家族写真」。毎年、年賀状に使うため、両家の祖父母と家族写真を撮っていた。写真を撮ることを面倒に感じたこともあったという。しかし昨年、祖父が亡くなったことがきっかけで、家族写真を撮ることになった経緯を知った。過去に子どもを失った悲しみを、現在まで引きずっていた祖父母へ、「家族が集まることで、今が楽しいということを感じて欲しかったんです」。作文を書いているうちに、改めて家族と一緒にいられることが恵まれていると思うように。「できるだけ家族みんなで食事したり、温泉に行ったり、家族で過ごせる時間を大切にするようになりました」

 ○…兵庫県出身。幼いころは自分の言葉で気持ちを伝えるのが苦手だった。「空気を読むのが下手で、友だちとケンカしてました」。6歳の夏休みに青葉区に転居すると、ミニバスケットボールクラブに入部。チームメートと信頼関係が築けるようになり、心を開いて付き合える友人ができた。「ミニバスの人たちがみんな優しかったんです。そこで、緊張すると余計なことを言ってしまうことにも気づきました」。微笑みながら昔を振り返る。

 ○…自宅でウサギを飼うなど動物が好きで、「困っていたら助けたい」という思いから将来の夢は獣医師とも。最近では、老人ホームに社会科見学で行ったとき、介護されて笑顔になった高齢者を見てから、広い範囲で人の役に立てる看護師にもなりたいと思うようになった。広がる未来には、優しさがあふれている。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

橋谷 優里(すぐり)さん

日体大女子サッカー部の主将としてインカレで連覇を達成した

橋谷 優里(すぐり)さん

藤が丘在住 22歳

2月27日号

志駕晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

2月20日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

目崎 剛さん

青葉区小中高生ミュージカルの脚本・演出を手掛ける

目崎 剛さん

川崎市在住 32歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

山戸 伊久保さん(本名:山戸康子さん)

青葉区三曲協会の会長に昨年末、就任した

山戸 伊久保さん(本名:山戸康子さん)

美しが丘在住 68歳

1月16日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 20歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第1回「みんな違ってていいんだよ」

    2月27日号

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク