青葉区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

横浜北部に特別支援学校 みたけ台・中里学園が候補

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
建設候補地にあがった中里学園
建設候補地にあがった中里学園

 2016年度末に廃止される青葉区の児童養護施設「中里学園」=みたけ台=が、新設される神奈川県の特別支援学校の建設候補地となっている。2月19日に行われた県議会本会議で、県教育委員会が明らかにした。

 横浜市内には現在23の特別支援学校があるが、北部地域の青葉区と都筑区には学校がなく、元石川と新栄に分教室があるだけにとどまっている。分教室は県立高校内の5教室を間借りする形で設置されており、1学年1クラス、定員各15人で高等部の知的障害教育のみに対応。近年、特別支援学校に在籍する生徒は全県で増えており、特に北部地域ではこの10年間で2・3倍増加している。このため県は特別支援学校の整備を推進していたが、財政面などで適切な土地の確保が困難だったため、「空白地域」となっていた。

 中里学園は2017年度、障害児入所施設「ひばりが丘学園」と統合され、児童自立支援拠点として平塚市に移転予定。現施設が廃止されることに加え、児童養護施設として地域との関係づくりを継続してきたことが、候補地になった主な要因だ。

 今後、県は横浜市と地域住民と調整しながら特別支援学校の新設を目指す。県の担当者は「あくまで候補地の段階。地域の皆さんに受け入れてもらえるよう、施設の規模やどんな児童・生徒が通っているかなど説明を重ねたい」と話している。正式に決まれば、中里学園移転後の17年度以降に着工。児童養護施設としての生活スペースは解体し、学校としての設備を整える方針だ。開校時期は未定だが、児童・生徒の募集は開校2年前をめどにスタートする予定。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「腹話術で笑顔に」

キャサリン野村さん

「腹話術で笑顔に」 文化

公演回数1200回到達

1月23日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月23日号

「住みつづけたいまちへ」

青葉区

「住みつづけたいまちへ」 政治

小出区長インタビュー

1月16日号

桐蔭、悲願の単独V

桐蔭、悲願の単独V スポーツ

ラグビー花園で逆転劇

1月16日号

3744人が船出

青葉区の新成人

3744人が船出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 経済

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 経済

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「カジノなしでも人は来る」

    〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

    「カジノなしでも人は来る」

    1月23日号

  • 学校改革がここまで求められる理由

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

    学校改革がここまで求められる理由

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    1月16日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク