青葉区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

新横浜スケートセンター 一般客 昨年比で7割増 「ソチ効果で注目度増か」

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
一般客で賑わう同センター
一般客で賑わう同センター

 新横浜スケートセンター(注/新横浜2の11)で、週末の一般滑走客数が昨年1・2月の900人と比べて今年両月で7割増の1500人と利用者数が大きく伸びている。同センターでは「冬季五輪イヤーに関連して、スケートへの注目度が高まったからではないか」と分析している。

 週末に特に人が集まる同センター。2月23日の日曜日には、1700人を数え「ここ数年ではみられないほどの来場者」と担当者は話す。加えて、5歳児から小学生までを対象とした「春休み特別スケート教室」は通常定員60人のところを急きょ20人増やし、80人に変更したが、過去最短の受付開始から1週間で定員に達したという。

 フィギュアスケートで技術向上を目指す同センターの「新横浜プリンスフィギュアスケートクラブ」(会員制)には現在、小学1年生から大学生までの314人が登録。日本スケート連盟が認定する初級から7級までの級取得を目指して日々練習に励んでいる。同センター担当者は「クラブ会員の子供たちは、関東全域から訪れています。近隣地域の子どもでは、毎朝2時間程度自主練習をしてから登校しています」と話す。クラブ会員の中でも8割から9割が女性。そんな中、ソチ冬季五輪で金メダルを獲得した羽生結弦選手効果もあってか、男子児童のクラブ入会希望者も増えているという。

 同センタークラブ会員で小学4年の植松凜子さん=東京都大田区在住=は、「浅田真央選手の表現力が豊かなところに憧れて幼稚園から始めた。以前は神宮のスケート教室に通っていたが、初級を取ろうと思ったときに東日本大震災が起こり、しばらく練習ができなかった。新横浜は大丈夫という噂を聞き、こちらに通うようになった」と語った。

 「ソチ五輪や各国際大会などが、スケートへの関心を高めた結果が入場者増に影響しているのではないか」と同センターでは話す。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

えだバルを開催

江田駅周辺商店会

えだバルを開催 社会

プレミアム商品券も販売

12月2日号

全校のみんなで祝福を

青葉台小学校創立50周年

全校のみんなで祝福を 教育

児童主体で記念集会

12月2日号

青葉台小、半世紀の歩み

青葉台小、半世紀の歩み 教育

巣立った子どもは5696人

12月2日号

葉風(はかぜ)くん誕生!

50周年記念キャラクター

葉風(はかぜ)くん誕生! 教育

萩原さん(6年)の作品

12月2日号

「感謝を伝えよう」

PTA

「感謝を伝えよう」 教育

50周年行事実行委員会

12月2日号

思い出の人形を供養

思い出の人形を供養 社会

美しが丘で12月2日・3日

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook