青葉区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

減災ネットワークあおばを立ち上げた、安全・安心・まちづくり部会部会長 嶋田敦雄(さだお)さん 桂台在住 70歳

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

安全安心なまちのために

 ○…「区民同士の情報交流がしたくて」。青葉区内の防災への取り組みや避難訓練の情報を、防災拠点の運営委員が書き込んで共有するポータルサイト「減災ネットワークあおば」を立ち上げた。きっかけは東日本大震災。「青葉は大丈夫なのかと思って」。地域の情報交換を活発にし、防災の質を上げていく。

 ○…大学で学んだ機械学を生かし、石油を扱う企業の製造工場建設部門で、設計図を書くなど建設のマネジメントの仕事をしていた。「22年、まっさらな敷地に工場を建てていた」。その後、電子部品の製造工場を建てた経験を買われ、関連会社へ。「電子部品は技術の進化が早い。マーケットやニーズの変化の早さを肌で感じた」と振り返る。新しい会社では、特定の分野に秀でた「これだけは負けない」個性的な仲間と仕事をすることが多かった。日々進化する電子部品製造。一つの分野に強い人はめまぐるしい変化にも即座に対応し、実績を上げていたという。「特定の分野を突き詰めると仕事の仕方が深くなる」。さまざまな分野に強い個性豊かなメンバーと働いた経験は今、多くの区民との部会の活動に生きている。

 ○…月に一回の部会に加え、防災の勉強会などで忙しい中、青葉台に住む3人の孫が癒しになっている。「ブランコや砂場で遊んだり、公園デビューもすることができた」と喜びを全面に出す。車で一緒に買い物や食事に行き、風呂に入れてあげるなど、「本当にかわいい盛り」と満面の笑み。

 ○…「通勤が楽だから」と青葉区に住み始めて40年。仕事を引退し、「今まで住むだけでまちに何もできなかったので」部会に入った。部会だけでなく、区民一人ひとりがまちづくりを考え活動してほしいという。「我々区民が活動することで、『青葉区に住んで良かった』と思えるまちづくりをしたい。その支援や提案をしていければ」。部会長として、理想のまちづくりを追求していく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

高橋 充さん

青葉区スポーツ推進委員連絡協議会の会長として市教育委員会表彰を受けた

高橋 充さん

荏田北在住 61歳

5月5日号

玉田 裕之さん

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した

玉田 裕之さん

鉄町在勤 57歳

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

天下谷(あまがや) 秀文さん

4月1日付で青葉区長に就任した

天下谷(あまがや) 秀文さん

青葉区在住 59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook