青葉区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

青葉区 患者情報 ネットで共有へ 在宅医療の後押しに

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 在宅医療の多職種連携を目指すモデル事業「あおばクラウドネットワーク」が、4月から青葉区で始まる。ネット上でデータ管理ができる「クラウド」で患者の情報を管理し、患者に関わる医療・介護関係者がタブレットやスマートフォンで情報を共有できるシステム。区内の在宅療養患者約30人の同意を得てパイロットスタディ(実証実験)を行い、2016年度の本格運用を目指す。

 横浜市と東急電鉄(株)が進める「次世代郊外まちづくり」の取り組みの一つ。青葉区医師会やケアマネージャー連絡会が参加する、医療・介護連携の地域包括ケアシステム推進部会が中心となって進めている。システムは主治医が患者のページを作成。看護師や介護士など患者の担当者のみがアクセスして血圧や体温など接した時の状態を入力、それぞれの端末でリアルタイムで閲覧できる。これまで在宅の患者については、患者の自宅に連携ノートを設置し、往診した医師や介護関係者が書き込んで情報共有するケースが多かったという。医師会の西川真人氏は「在宅では予測の医療が大事。クラウド上で情報管理することによって、緊急時もすぐに治療に入ることが可能になる」と話す。

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年、ベッドタウンである青葉区でも、医療機関や介護施設の不足が懸念されることから実施される事業。今後は関連業者に説明会を開催し、10月には関係者の決起集会が行われる予定。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook