青葉区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

県洋菓子協会作品展「マジパン仕上げ部門」で銀賞を受賞した 内田 かおるさん 美しが丘在住 25歳

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「おいしい」の声が原点

 ○…西日本の作品展には過去3回出品。制限時間内に仕上げるデコレーションケーキ部門では優勝経験もある実力者だ。神奈川県で初出品での入賞に「うれしかった」と笑顔をみせる。夏に控える姉と友人の結婚式には「マジパンで何か作りたい」と企画中。根っからの「ものづくり好き」だ。

 ○…出身は奈良県。自分の手で一からつくる楽しさに惹かれ幼い頃はお絵描きや粘土、ブロック遊びに夢中だった。「じっとしていない」活発な少女でもあり、中学時代は強豪の陸上部に所属。高校ではハンドボールやボクシングを経験。同時にのめりこんだのがお菓子作りだった。「友達に『おいしい』って言われるのがうれしくて、気づいたら毎週作っていた」。同じく「大好きで作ってみたい」と考えていた花火師と迷った末にパティシエの道へ。「やりたいことは応援してくれる」という両親も、そっと後押ししてくれた。

 ○…製菓の専門学校卒業後は宝塚市の洋菓子店に就職し販売からスタート。アルバイト経験もなく、慣れない接客が最初は辛かった。「全然仕事ができなくて。先輩がフォローしてくれた」。それでも、常連さんが顔を覚えてくれたり「いつもの」で通じる関係ができたりと「お客さんの声を直接聞ける」販売の醍醐味を語る。特別なのは誕生日ケーキ。年1回のお祝いに選んでくれたことがうれしい。「華を添えたい、と思う」。「広い視野を持ちたい」と関西を飛びだして丸2年。美しが丘の「ベルグの4月」に勤める現在は製造担当のため、お客さんと接する機会はかなり減った。「でもあの気持ちは忘れちゃいけないな、って思います」と柔らかな表情をみせた。

 ○…故郷にはいつか帰る、と決めている。胸に抱くのは「焼きたてのお菓子を提供するカフェを開く」という夢。「地元に自分が行きたいお店をつくりたい。お客さんと距離が近い店がいい」。思い描く未来に向かい、一歩ずつ進んでいく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

萩原 直斗さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

萩原 直斗さん

区内在勤 32歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

大木 しのぶさん

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された

大木 しのぶさん

美しが丘在住 52歳

10月1日号

今村 柚巴(ゆずは)さん

10月からゲストハウスに宿泊し、PRしながら日本一周を始める

今村 柚巴(ゆずは)さん

青葉区在住 20歳

9月24日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

新関 省二さん

シベリア・モンゴル抑留犠牲者追悼の集いで主催者代表あいさつを行った

新関 省二さん

奈良町在住 94歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク