青葉区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

横浜ビー・コルセアーズ 地域密着 軸に4季目へ 青葉・都筑でお祭り参加も

スポーツ

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
たまプラーザ夏祭りでは、前田陽介選手(中央)らがシュートゲームに登場した=7月26日
たまプラーザ夏祭りでは、前田陽介選手(中央)らがシュートゲームに登場した=7月26日

 プロバスケットボール・bjリーグに加盟し、横浜国際プール=都筑区北山田=などを本拠地にする「横浜ビー・コルセアーズ」が、4季目を迎える。10月の開幕戦を前に、7、8月は青葉区のたまプラーザ夏祭り、都筑区のえだきん夜店市に参加。地域交流を通じて、市民球団として認知度向上に力を注ぐ。

 社会貢献の一つとして、同チームではイベント参加や学校への出前教室、障害者支援活動なども精力的に進めている。7月26、27日のたまプラーザ夏祭りでは商店街内にブースを設け、シュートゲームを企画。浴衣姿の女性も参加し、盛況を見せていた。

 「どんなチームかを知ってもらうために地域へ入っていき、自分たちにできることをやっていく」と植田哲也球団代表(43)は話す。チームと商店会の橋渡し役を担った、横浜LINKSの大原学代表(40)=青葉区あざみ野=は「お互いに窓口を知らないだけで、きっかけをつくれば自然につながっていく」と話し、「(ビーコルを)生活の一部に溶け込ませることが目標。横浜北部に新しいプロスポーツの文化を根付かせたい」と意気込む。

カギは集客増

 昨季、ビーコルのホームゲームの1試合平均入場者数は、リーグ平均の約1500人に対して1268人。今季は平均1500人を目標に掲げ、チームの知名度アップに向けた施策を講じている。「試合観戦が目的の人以外に、地元住民にどのように足を運んでもらうかがポイント」と植田球団代表。試合開始前やハーフタイムに登場するパフォーマンス、楽器演奏など一般の出演者ら関係者を通じて、集客の幅を広めたい考えだ。

開幕戦 10月に

 昨季(2013―14シーズン)、ビーコルは東地区11チーム中7位に終わり、6位以内に与えられるプレーオフ進出権を逃した。昨年5月、加入2季目でリーグ制覇を果たしたビーコルが、王者返り咲きに向け再スタートを切る。

 同リーグは10月4日に開幕し、4月末までリーグ戦を行う予定。試合日程、チーム情報など詳細はウェブサイト(【URL】http://b-corsairs.com)で閲覧できる。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

その場で聴く 街の変遷

美しが丘

その場で聴く 街の変遷 社会

12カ所に二次元コード

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

認知症支援、ラジオ糸口に

認知症支援、ラジオ糸口に 社会

コロナ禍でのPRに繋げ

1月20日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月20日号

ICTでコロナ禍対応

小澤区長インタビュー

ICTでコロナ禍対応 政治

情報発信や事業に活用

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第19回『瞼(まぶた)が下がって重くて困っています』

    1月27日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook