青葉区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

整備事業に寄付金募る 「協働の広場」11月開所へ

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
寄付金を手渡す若林会長(左から2人目)
寄付金を手渡す若林会長(左から2人目)

 青葉区は、「あおば協働の広場(仮称)」整備事業の寄付金を募集している。

 2021年完成予定の横浜環状北西線の着工に伴い、10月から閉鎖される横浜青葉スポーツ広場=下谷本町。あおば協働の広場(仮称)は、この代替施設として荏田西2丁目の学校予定地に新設される。区制20周年記念事業の一つとして行われるもので、今年11月のオープンを目指す。

 寄付金は個人31人、企業など17団体から691万円が寄せられている(9月10日時点)。東京急行電鉄(株)が区制20周年事業実行委員会に寄付した協賛金のうち、800万円が同事業の整備に充てられる予定だ。

 今年度の青葉区の自主企画事業の一つ「青葉協働によるみらいおこし支援制度」から補助金500万円が交付されている。現在、グラウンド整備などの工事がスタート。目標寄付金額は1500万円で、12月末日まで個人、法人、団体を対象に募集中だ。

 一般社団法人横浜建設業協会青葉区会(若林訓晴会長)は9月10日に青葉区役所を訪れ、同事業に対し10万円を寄付。徳江雅彦区長に寄付金を手渡した。徳江区長は「区制20周年という節目に、地域の力が一つになって行う事業。貴重な財源から寄付をいただきありがたい」と感謝を述べた。同会は今年、発足20周年を迎え、現在11社が加盟。若林会長は「協会を知ってもらうきっかけにもなる。地域貢献として、青葉区に少しでも恩返しができれば」と話した。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「探しています」

【Web限定記事】

「探しています」 社会

黒須さんが行方不明に

7月9日号

自宅で見られる大学講座

自宅で見られる大学講座 教育

青葉6大学連携事業

7月9日号

青葉区 コロナ患者数47人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数47人 社会

市内3番目

7月9日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 経済

県が事業者向けに

7月2日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を 社会

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月2日号

青葉区 コロナ患者数46人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数46人 社会

市内3番目

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク