青葉区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

玉川学園台路線バス 10年越しでダイヤ改正 市、サポート事業が結実

社会

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 奈良町周辺に位置する玉川学園台地区の路線バスダイヤが改正され、鶴川駅=町田市=と青葉台駅行きバスの時間帯の偏りが是正された。10年ほど前に自治会の有志らがバス会社と交渉を開始し、2008年には横浜市のサポート事業に登録して取り組んできた活動が実を結んだ。

 今回、改正されたのは、小田急バス鶴09系統(鶴川駅〜奈良北団地など)鶴07系統(鶴川駅〜こどもの国駅など)、東急バス青118系統(ことり橋〜青葉台駅など)の3路線。8月31日に東急バス、9月1日に小田急バスがそれぞれダイヤを改正し、午前と午後の本数の偏りなどが改善された。市の道路局が取り組む「地域交通サポート事業」として、9例目の運行改善となった。

高齢化で需要増す

 玉川学園台自治会(佐々木いづみ会長・約500世帯)を含む奈良町の高齢化率は31%(14年3月末時点)で、区全体の18・2%(同)より大幅に高い。玉川学園台地域交通改善委員会の飯塚宏事務局長は「公共交通機関がなければ困る人が多い」と話す。当初、住民だけで交渉していたが、なかなか進展せず、状況を打開するために市職員や専門家のサポートを受けることができる同事業に登録。専門家のアドバイスにより、バスの利用状況のアンケート調査(1093人中1007人回答)や分析を行った。

 バス会社側の「増便は難しい」との声を受け、10年からはバス利用者増加を目指しポスターの掲出など啓発活動を強化。住民の利用実態を把握するために、同年10月から翌年11月にかけて横浜市が3回、12年には小田急バスが独自に乗降客数調査を行った。

 今回、改正されたのはバスダイヤのみ。飯塚事務局長は、「ダイヤ改正はありがたいが、安全性の向上を目指して今後も活動していきたい」と話している。道路局の担当者は「地域が主体的に、継続してやってきたことがこの結果につながった」との認識を示した。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

浜田さんが市長賞

環境絵日記

浜田さんが市長賞 社会

区内から5人優秀特別賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 経済

開業の見通し不透明に

11月25日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月18日号

「地産地消」を味わおう

「地産地消」を味わおう 経済

区がグルメキャンペーン

11月18日号

村山巡査長が健闘3位

青葉警察署

村山巡査長が健闘3位 スポーツ

全日本剣道選手権で

11月18日号

あかね台中が10周年

あかね台中が10周年 教育

ライブ中継で式典開催

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook