青葉区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

青葉区 読書活動推進へ2本柱 市の条例受け、目標策定

文化

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区は読書活動を通してコミュニケーション力の向上などを目指す「青葉区民読書活動推進目標」を策定し、10月31日に発表した。今後、2本柱である「本に親しむ環境づくり」や「読書活動ボランティア相互の連携」を進めていく。

 今回発表された目標は、市が今年4月に施行した「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」に基づき、区が素案を発表。区の地域性に応じた内容にまとめるため、8月から9月にかけて区民の意見を募集し、内容に反映させた。「読書活動を介したコミュニケーション力の向上と、区民が本に親しむ環境づくり」と「読書活動ボランティア相互の連携と、活気ある地域づくり、担い手づくり」の2本の柱を掲げている。

 今年度の青葉区民意識調査で「本を読まない」と回答したのは26・1%。これに対し、文化庁の全国調査(2013年度)では47・5%が「本を読まない」と回答しており、「区民の読書率は比較的高い」と担当者は話す。その要因として「読書ボランティア団体(13団体)や貸出施設(22カ所)の充実が挙げられる」としている。また、青葉区独自のサービスは【1】市立図書館の本を山内図書館以外の7カ所(市内9カ所)でも貸出・返却が可能【2】たまプラーザ駅、市が尾駅、青葉台駅に市立図書館の本の返却ポストを設置―の2つ。これらは一般利用者の利便性向上のほか、図書館に足を運ぶことが困難な高齢者などへの配慮でもあり、今後は周知に力を入れるという。

 現在、区内では13団体が読み聞かせなどのボランティア活動を行っている。区は「相互連携を深めるために、団体同士や団体と施設、学校をつなげていきたい」としている。また、市内図書館で唯一指定管理者制度が採用されている山内図書館=あざみ野=では、施設利用者のみワンコインで利用できる託児サービスなど独自の取り組みを行っている。同館は「楽しんでもらえる取り組みを日々考えている。目標策定をきっかけに、利用者が増えてくれれば」と期待を示す。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

救急車出場件数が増加

搬送に時間かかることも

救急車出場件数が増加 社会

9月2日号

犬の殺処分過去最少に

動物愛護センター

犬の殺処分過去最少に 社会

引き取り、初の100頭台

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

       「お子さんの視力検査について」 コラム【2】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    9月9日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook