青葉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

「たまプラみやげ」誕生へ 有志連携、4月発表めざす

経済

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
櫻井さん(前列右)ら実行委員会メンバー
櫻井さん(前列右)ら実行委員会メンバー

 地場産の「お土産」を新たに発信しようと、美しが丘の起業支援拠点「まちなかbizあおば」の有志メンバーが「たまプラーザ発横浜お土産プロジェクト」を始動。1月23日には試作品のお披露目イベントが美しが丘の3丁目カフェで行われ、シフォンケーキやフランを紹介した。

 原料に横浜産の米粉を使い、季節ごとに風味も変えていく予定。発案から原料調達、製造、販売まで、一貫して地元で賄うのがコンセプトだ。

 「取引先に持っていく地元(横浜北部)のお土産がない」。「まちなかbiz」メンバーの一言がきっかけで企画がスタート。有志が集まり、話し合いを続けてきた。開発を担当する市ヶ尾町の(株)さくら工房、櫻井友子社長は「自給目的の田んぼが多く、原料のお米の確保が大変だが、協力してくれる人もいる。都内勤めの人が多い青葉区だからこそ、地域の人たちの協力で作った心温まるお土産にしたい」と意気込みを語る。

 現在、資金調達にインターネットを通じて、賛同する支援者から寄付を集める「クラウドファンディング」を活用している。期限までに目標の寄付金が集まれば、資金が支払われる仕組み。同プロジェクトの目標金額は最低55万円で、2月2日時点で7万円に達している。今後、寄付や企画協力者を募りながら4月の「桜まつり」でブース販売し、6月から通常販売を目指す。

2月14日に試食会も

 2月14日(土)には、試食会を「まちなかbizあおば」(美しが丘1の13の10)で開催。午後1時と4時からの2回で、3時から4時は櫻井さんがプロジェクトの説明等を行う。参加無料で要予約(入退場自由)。

 詳細は「ローカル・グッド・ヨコハマ」のウェブサイト(【URL】http://yokohama.localgood.jp/)の「たまプラーザ発横浜おみやげプロジェクト」を参照。(問)同プロジェクト実行委員会【電話】045・482・4385
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「福祉に役立てて」

「福祉に役立てて」 社会

企業・個人が社協に寄付

6月30日号

日体大で脳死移植の授業

日体大で脳死移植の授業 教育

支援協会が講師に

6月30日号

入選作品を展示

あおば美術公募展

入選作品を展示 文化

7月9日から

6月30日号

地域ボランティア募集

地域ボランティア募集 教育

中高生対象

6月30日号

34団体のコーラス響く

34団体のコーラス響く 文化

7月2日、都筑公会堂で

6月30日号

ヘルスメイト食育パネル展

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook