青葉区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

卒業制作支え、10年 青葉台小 住民が「鎌倉彫」

教育

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 市立青葉台小学校(岡カズミ校長)で、6年生が卒業制作の鎌倉彫に取り組んでいる=写真。指導にあたるのは、若草台在住の斉藤秀樹さん(75)を中心とする、有志の地域住民。同校で鎌倉彫の指導を続け、今年10年目になった。

 神奈川の伝統工芸に触れてもらおうと同校が始めた鎌倉彫の制作。10年前に住民に指導協力の声が掛けられたのがきっかけで、鎌倉彫を当時習っていた斉藤さんや、卒業生の保護者が集まった。作品完成後も教室を借りて斉藤さんが住民に鎌倉彫を教えるようになり、そのメンバーが学びながら、新6年生に教えるようになった。現在、メンバー7人で活動し、授業では保護者4人も手伝っている。

漆塗り、完成へ

 鎌倉彫を習うため、5年間ほど、月2、3回鎌倉に通っていたこともある斉藤さん。「平面の中に立体感を出すのが鎌倉彫の特徴」と話す。卒業制作では図工の時間2時間分を10回かけて、小さなお盆をつくっていく。柄は鎌倉彫のデザイン3種類から、各自好きなデザインを選択。前半6回で彫りの作業を行い、漆を4度重ねて塗っていく。

 彫りの完成を控えた2月12日、室彩奈さんは「柿の絵に丸みを付けるのが難しかったけど、分かりやすく教えてくれた」と話した。黒田心(しん)君は「ボランティアの人が優しく教えてくれる」と笑顔。完成した作品は卒業式で展示し、子どもたちが持って帰る予定。岡校長は「地元の人との触れ合いを通し、児童に地域のなかで育っていると実感してもらうことが、一番の目標」と語る。

 斉藤さんは「毎年やっているので、児童から『兄姉もつくっていたので楽しみだった』という声も聞く。卒業後も道で会うと声を掛けてくれたりして嬉しい」と話す。今後も続けていけるよう、後任者も育てていきたいとしている。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

花苗植えて街を美化

江田駅周辺商店会

花苗植えて街を美化 社会

中高生やサッカー選手も

8月11日号

アートで考える原発事故

アートで考える原発事故 文化

21日まで、あざみ野で展示

8月11日号

3年ぶりの祭りで活気

3年ぶりの祭りで活気 文化

たまプラーザ3商店街

8月11日号

往年の名選手がピッチに

横浜FM

往年の名選手がピッチに スポーツ

OB特別マッチ

8月11日号

省エネ・デジタル化を補助

省エネ・デジタル化を補助 経済

市が小規模事業者向け

8月11日号

夏休みに「エコ活」を

小学校4・5年生対象

夏休みに「エコ活」を 教育

植樹活動を間接支援

8月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「コンタクトレンズを上手に使うために」 コラム【13】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    8月11日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook