青葉区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

連載「3・11」4年後の今 「見守る心」で支援続け 【1】 区社協の根本秀一さん

社会

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena
「できることを続けたい」と根本さん
「できることを続けたい」と根本さん

 「震災直後よりだいぶ良くなっていると思っていたのに…本当にショックだった」。青葉区社会福祉協議会の根本秀一事務局長は口を開いた。昨年9月、会員研修で福島県双葉郡富岡町を訪れたときのことだ。傾いたままの鉄道架線柱や草が生い茂る線路、人の気配のない街…。所々に放射線量計が設置され、道路では立ち入りのできない帰還困難区域を示すバリケードが行く手を阻む。福島第一原発から20Km圏内に位置し第二原発がある富岡町は、町全体に避難指示が出され、今も解除されていない(3月2日時点)。日中のみ出入りできる居住制限、避難解除準備区域にも津波の傷跡が色濃く残る。「3年半経ったのに何も変わっていない」

 昨年の研修では、町民の多くが避難していたという郡山市も訪れ、被災者を交えた意見交換を実施。揺れのあと、停電で状況がわからず着の身着のまま避難し、寒さをしのごうと全員で腕を組んで夜を過ごしたことや、一時帰宅したが、荒らされた跡があり住める状態ではなかったこと。桜の名所も帰還困難区域に指定され、近づくことができなくなった。さまざまな思いを聞くなかでも「忘れないでほしい。見守ってほしい」という現地住民の言葉が、強く心に残る。

交流の場を提供

 青葉区社協では震災直後の2011年6月から、岩手県釜石市への職員派遣や現地の視察、海岸清掃などのボランティア活動を実施。13年9月の研修で郡山市を訪れた際に同町と初めて交流。その後も現地を訪れ「今だからできる、まだ必要とされている支援」を考えてきた。昨年8月には同市の社協を通じて原発事故からの避難者にチラシを配布。離れ離れの被災者を集めたサロンをふれあい青葉で開催した。11年5月、情報発信や交流の場として避難所で誕生した「おだがいさまセンター」にちなんで「おだがいさまサロン」と名付け、今年3月3日にも実施した。「応援というにはおこがましいが、交流できたら。一緒に連携していきたい」

屋根が崩れた民家=社協提供
屋根が崩れた民家=社協提供

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

校舎前で手作り菓子販売

【Web限定記事】クラーク高校 製菓販売ゼミ

校舎前で手作り菓子販売 教育

250個が即完売

7月29日号

願いを込めたキャンドルホルダーを制作

【Web限定記事】認知症の人にやさしい街プロジェクト

願いを込めたキャンドルホルダーを制作 社会

9月の世界アルツハイマー月間に向け

7月29日号

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月23日時点

7月29日号

身元特定に協力

区内3歯科

身元特定に協力 社会

警察から委嘱受け

7月29日号

薬剤師も裏方で奮闘

ワクチン集団接種

薬剤師も裏方で奮闘 社会

円滑な接種を目指して

7月29日号

防災功労者表彰を受賞

防災功労者表彰を受賞 社会

青葉台東急スクエア

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第16回「熱中症対策の水分補給には水道水がおススメです」

    7月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter