青葉区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

県政報告「神奈川維新への道」【6】 本当に「神奈川」を変えられるのは誰か! 神奈川県議会議員 維新の党 県議団長 赤野たかし

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 2月23日の県議会本会議で、私は4月の知事選出馬を表明した黒岩知事に代表質問を行いました。知事の4年前の唯一の公約「太陽光発電」の実績結果をはじめ、現在の重要施策「国家戦略特区」等の成果もほとんど上がっていないことに加え、こうした「やりっぱなし県政」の原因の一つに、県職員の人事評価の問題を取り上げました。

【一般では考えられない、県職員の人事評価】

 現在、県管理職は5段階評価(S・A・B・C・D)されていますが、平成26年度「能力」について「S」は0・2%、「A」は95・3%、「B」は4・4%。「意欲」で「S」は0・2%、Aは98・3%、Bは1・4%。「実績」で「S」は0%、「A」は93・7%、「B」は6・2%という結果で、全てに中間より悪い「C」と「D」が一人もいないということが私の調査で今回明らかに。

 大阪府は、全国で初めて「職員基本条例」を制定し、平成25年度から相対評価による人事評価結果を府HPに公表。5段階評価で5・6%、20・0%、58・8%、10・6%、5・1%です。

【政治のやるべきことは、「体制」の改革である】

 また、私は代表質問において、在宅医や訪問看護師など地域医療の問題や県立の公立学校の問題等も取り上げ、そもそも医療や教育現場で山積する問題については、個々の政策を前に進めるためにも、まずは「体制」の改革を行わない限り、根本解決できないと申し上げました。

 本県は大阪同様、統治機構の問題に踏み込まない限り、景気対策はもちろん、子育て・教育・医療・介護と山積する行政課題を解決することはできないということを私はこの4年間で改めて確信。「大阪はできた、神奈川もできる」。「神奈川県の大そうじ」の第2ラウンドに向け、これからも先頭に立ち活動を続けます!

神奈川県議会議員 赤野たかし事務所

横浜市青葉区美しが丘4-1-1-302

TEL:045-517-4476
FAX:045-909-5322

http://gyoukaku.com/ takashi.akano@gmail.com

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

不登校の子供達が輝ける学びの場を。

すべては次の世代のために

不登校の子供達が輝ける学びの場を。

文部科学大臣政務官/衆議院議員 みたに英弘

7月22日号

6月議会で代表質問

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

6月議会で代表質問

コロナ禍や災害の対策など

7月22日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

新型コロナ対策の「徹底的な見える化」

今、政治に求められるのは正しいデータを政策として実行する力 県政報告

新型コロナ対策の「徹底的な見える化」

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ県議団 政務調査会長 赤野たかし

7月8日号

市民の望む市長のあるべき姿とは

市政報告号外

市民の望む市長のあるべき姿とは

横浜市会議員 田中ゆき

7月1日号

青葉区の声をカタチに!

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

青葉区の声をカタチに!

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter