青葉区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

市政報告 何を言ったかでなく、何をやったか! 公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 この程、横浜市の平成27年度予算が決定しました。そこには数多くの私共の主張が盛り込まれています。

【子育て支援前進】

 これまで小学1年までが対象であった小児医療費助成制度。今年10月からは小学3年までに拡充となります。引き続き、小学6年の卒業まで、所得制限の撤廃を目指します。また、平成28年度から横浜市立中学校において、温かく、安価で、栄養価の高い、おかずなどが選べる、横浜型スクールランチ(呼称は別途学生より募集)の開始が決定。

 いずれも私共がリードしてきた政策が実現。子育て支援、まだまだ頑張ります。

【安心の介護へ】 

 青葉区では10年後の2025年には4人に一人が65歳以上の高齢者の街になります。いざという時の安心の仕組みを作ることは大変重要ですが、元気で長生きが一番大事です。全国的にも、住み慣れた場所で人生の最終章まで安心して生活できる環境を作る地域包括ケアシステムの構築が進められています。中でも「あおばモデル」は全国最先端の取組みと評されており、1月にはシステムの要となる「在宅医療連携拠点」を荏田北に整備。2月には区民の皆様への同モデルの説明会が盛況の中で開催されました。障害や認知症を含めた安心の介護への取組みを着実に進めて参ります。

【家族の一員 ペットの防災】

 青葉区はペットと暮らすご家庭の多い街(犬の登録頭数市内1位)。災害時を想定した飼い主への注意喚起とともに、市内で増えてきたペット同行避難訓練の区内での実施を推進。今後とも、人もペットも安心の街・青葉区を目指します。

【政治は仕事】

 どんな仕事も結果が問われます。政治も同じ。掲げた政策の実現、諸問題の解決。100%でなくとも一歩でも前に進める責任があります。日本の政治のルールは「議会制民主主義」。問題点の指摘や議会での質問は重要ですが、それは仕事の一部。考え方や立場を超えて、対話し「合意形成」で現実が動き始めます。

 大事なことは「何を言ったかでなく、何をやったか!」。”スローガンだけ”の政治から一線を画し、結果でお応えする政治に全力投球して参ります。

行田朝仁

横浜市青葉区田奈在住

TEL:045-482-5670

http://www.komei.or.jp/km/gyota/ http://gyota.seesaa.net/

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

「ワクチン接種の前倒しに向けて。」

すべては次の世代のために

「ワクチン接種の前倒しに向けて。」

文部科学大臣政務官/衆議院議員 みたに英弘

6月10日号

市独自の潜在看護師登録制度の創設を!

市政報告【19】

市独自の潜在看護師登録制度の創設を!

横浜市会議員 田中ゆき

6月3日号

今年度は脱温暖化とデジタル

今年度は脱温暖化とデジタル

横浜市会議員 山下正人

6月3日号

県民の住環境を整える【3】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【3】

民間賃貸住宅への円滑な入居について

5月27日号

マイボトルスポットの活用を!!

市政報告【18】

マイボトルスポットの活用を!!

横浜市会議員 田中ゆき

5月7日号

県民の住環境を整える【2】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【2】

居住支援の推進について

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter