青葉区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

ラグビーW杯 「横浜国際」が会場に 市長「興奮分かち合いたい」

スポーツ

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
歓喜に沸く関係者ら
歓喜に沸く関係者ら

 ナショナルチームの世界一を決定する4年に一度の祭典「ラグビーワールドカップ2019」の開催地に2日、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)を有する横浜市が選定された。同大会の開催はアジア初で、吉報を待っていた関係者は歓喜に酔いしれた。市は神奈川県との連名で立候補しており、アイルランドで行われたラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)理事会で承認され、ラグビーワールドカップ2019年の開催都市に決定した。

 開催都市発表を市内のパブリックビューイング会場で見守っていた林文子横浜市長、黒岩祐治神奈川県知事ら約300人は喜びを爆発させた。

 林市長は「ラグビー界最高峰の大会が横浜で開催されることを大変光栄に思う。大きな興奮と感動を市民や県民はもちろん、世界中の方々と分かち合えるよう準備を進めたい」とコメントした。

 同大会組織委員会によると、開催都市として立候補をしていたのは15都市。最終承認されたのは横浜市のほか、新国立競技場(東京都)、熊谷ラグビー場(埼玉県)、花園ラグビー場(大阪府)、釜石鵜住居復興スタジアム(仮称・岩手県)など12都市となった。

 横浜国際総合競技場は、約7万2000人の収容が可能。現在は開幕戦と決勝戦は新国立競技場での開催のみが決定しており、準決勝や3位決定戦の会場は6万人以上の収容力が必要と規定されている。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

弦楽四重奏を披露

7月7日

弦楽四重奏を披露 文化

0歳から大人まで

6月17日号

ヘルスメイト受講生募集

ヘルスメイト受講生募集 社会

申し込み23日まで

6月17日号

「育ててくれた横浜に感謝」

DeNA

「育ててくれた横浜に感謝」 スポーツ

石川選手 引退セレモニー

6月17日号

携帯電話回収箱を設置

日体大フィールズも協力

携帯電話回収箱を設置 スポーツ

障害者就労支援にも

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

脱炭素政策の意見を募集

脱炭素政策の意見を募集 政治

自民党がサイト立ち上げ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter