青葉区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

「できる限り続ける」連載「3・11」4年後の今 「新鮮な味」被災地へ 【4】鉄町在住 金子茂文さん

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちから届く手紙を手に笑顔をみせる金子さん(65)
子どもたちから届く手紙を手に笑顔をみせる金子さん(65)

 画用紙いっぱいにクレヨンで描かれた「ありがとう」の言葉とキャベツの絵。「こんなの見ちゃうと、やめられないよね」と目を細める。震災後の5月から、被災地に収穫したキャベツを無償で送り続けてまもなく4年。学校便りや教育委員会からの礼状、キャベツを使った給食を頬張る児童の写真などは寄せられていたが、昨年9月に初めて子どもたちからのハガキを受け取った。「気持ちが届いているといい。自己満足でもいい」

 大学卒業後、定年まで勤めた消防署を退職し、家業の農家を継いだのは2010年のこと。翌11年の震災発生後、よく育ったキャベツが「役に立つかも」と考えた。当時、宮城県気仙沼市で消防長を務めていた消防大学校教官時代の教え子を通じ、災害対策本部に打診したところ「新鮮な野菜が手に入りにくい。ぜひお願いしたい」。初夏へと移り変わる5月半ば、被災者の間で不足していたという衣服を段ボール8箱分集め、郵送したキャベツが到着する頃に車で現地へと向かった。震災から2カ月半。新聞やテレビで見るのとはまた違う惨状に「カメラのシャッターも押せなかった」。

 南三陸消防署も訪れ、20mほど流された橋げたや潰れた出張所を目にし、津波の威力を思い知った。「実際に見たから余計に、何かしなくちゃ、と思った」。キャベツは被災地のために作ろう、と決めた。

 翌年は原発事故で被災した福島県南相馬市へ、13年からは避難から戻り、小・中学校が再開した広野町にも提供を始めた。教育委員会を通じ、各校で給食に使われており、新鮮なためサラダなどになることが多いようだ。子どもの口に入るものだから、なるべく無農薬というのが信条。外側を1〜2枚むき、一つひとつに水をかけて虫を落とし、家族総出で箱詰めする。200個を超えるその収穫作業は容易ではない。「いつまで続けられるかわからないが、健康なうちはやめられない。10年は続けたい」

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

弦楽四重奏を披露

7月7日

弦楽四重奏を披露 文化

0歳から大人まで

6月17日号

ヘルスメイト受講生募集

ヘルスメイト受講生募集 社会

申し込み23日まで

6月17日号

「育ててくれた横浜に感謝」

DeNA

「育ててくれた横浜に感謝」 スポーツ

石川選手 引退セレモニー

6月17日号

携帯電話回収箱を設置

日体大フィールズも協力

携帯電話回収箱を設置 スポーツ

障害者就労支援にも

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

脱炭素政策の意見を募集

脱炭素政策の意見を募集 政治

自民党がサイト立ち上げ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter