青葉区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

親子の写真クラブ「たまプラーザフォトデイズ」を主宰する 野村 美都さん 宮前区在住 38歳

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

温もりを切り取って

 ○…たまプラーザで「ママ写真部」を作りたい――そんな夢がかなったのは1年前。自宅で開く教室では手狭になり、友人を誘って始めたのが「たまプラーザフォトデイズ」だ。2カ月に1回、親子対象の写真講座やアルバム作りを行う。「助け合いながら続けてこられた。負担にならないよう、スタッフも楽しむのが大切」とやわらかに微笑む。

 ○…出身は三重県四日市市。幼い頃、3日とあけず写真を撮ってくれた母の影響か、幼少期からカメラ好きだった。「2歳頃の写真に、おもちゃのカメラと写っている」。中学、高校と写真部に所属し大阪芸大写真学科に進学。高校の頃「祖母のいない夏」をテーマに、亡くなった祖母の家を撮影しコンテストに入賞したことも。「心の動きを写したくて。審査員には『高校生らしくない。明るい写真を撮りなさい』って言われた」と苦笑い。「写真は悲しみも吐き出せる、ダイレクトに気持ちが伝わるツール」。そう信じてやまない。

 ○…写真教室の講師を務め10年以上。初心者も楽しいイメージで始められるようにと思いを巡らせる。肩肘張らずに身近な場所を切り取る「おさんぽ写真」を提案し、撮影時には盛り上げ役も買って出る。「撮ることの印象がよくなったって言ってもらえて。これが私にできることだって」。写真を使ったアルバム作りの楽しさを伝えるアルバム大使として活動するほか、アートユニットを組み、母と子が楽しめる撮影イベントも来月に予定している。

 ○…夫と2歳半の息子と3人で暮らす。「この20年、夢中になってポートレートを撮ったことなんてなかった」と、幼い息子の存在に目を細める。あっという間の2年半、親子の時間にカメラがあることがどれだけ貴重か、身を持って知った。くるくる変わる子どもの一瞬を捉えるには「スマホが一番」ときっぱり。「日々の中での写真を撮り続けたい」。爽やかな風をまとい、ふわりと笑った。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

桜台在住 62歳

10月22日号

萩原 直斗さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

萩原 直斗さん

区内在勤 32歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

大木 しのぶさん

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された

大木 しのぶさん

美しが丘在住 52歳

10月1日号

今村 柚巴(ゆずは)さん

10月からゲストハウスに宿泊し、PRしながら日本一周を始める

今村 柚巴(ゆずは)さん

青葉区在住 20歳

9月24日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク