青葉区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

5月5日 「こどもの国」50歳に 入場者4140万人突破

文化

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
50年を振り返る秋山さん
50年を振り返る秋山さん

 こどもの国=奈良町=は5月5日、開園50周年を迎える。今春には開園からの有料入場者数が4140万人を超えた。都心からおよそ30Km圏内ながら、広大な自然を生かした遊び場として、多くの人に親しまれている。

 同園は現天皇陛下のご成婚を記念して寄せられたお祝い金をもとに、青少年の健全育成のための施設として誕生。開園時、約59万人だった年間入園者数は昨年、84万人に達し、過去21年間で最多となった。

 田奈町在住の元職員、秋山博さん(67)は、48年前に学生ボランティアとして初めて同園に携わるようになった。当時を振り返り、「昔から家族連れが多かったが、低学年の子だけで遊ぶ姿も目立った。まだ遊具は少なく、広場で寝転がったり自由に遊んでいた」

 開園以前の敷地は弾薬庫等として使用されていたことから、学徒動員により、弾薬の製造や運搬に携わっていた当時の学生が訪れることもあった。20年以上前にはアイドルグループ「SMAP」のイベント会場になったことも。「長津田駅でこどもの国線改札が人数制限されるほど女子高生が集まった」と、当時を思い出す。園内は次第に遊具が整備され、子どもの遊び方も変化したと感じる。「開園当初から、子どもが自分で考えて遊ぶことがテーマだった。環境は変わってきたが、自分の意志で行動できる子に育ってほしい」。秋山さんは今も、自然保護ボランティアとして園と関わり続けている。

 開園記念日には、5000個の風船を子どもたちが一斉に飛ばす、バルーンリリースも予定する同園。三国治園長は「自然の中で体をつかって遊ぶ大切さが理解されてきたと感じる。『遊び』と同様、『学びの場』となる企画も増やしていきたい」と展望を語った。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク