青葉区版 掲載号:2015年5月6日号 エリアトップへ

恩 田 地 域ケアプラザ 太陽光発電を導入 電力備蓄で要援護者対策

社会

掲載号:2015年5月6日号

  • LINE
  • hatena
太陽光発電設備と蓄電池が導入される恩田ケアプラザ
太陽光発電設備と蓄電池が導入される恩田ケアプラザ

 災害等による停電時の要援護者受け入れに備え、横浜市は恩田地域ケアプラザ=あかね台=に太陽光発電設備と蓄電池を導入すると発表した。非常用電源を確保し、特別避難場所としての機能を強化するのが主な目的だ。

 環境省の補助金を活用した事業で、今年度は恩田を含み、緑区や都筑区など市内13カ所のケアプラザに導入され、計35カ所になる。市は2013年度から設置を進めており、市内18区におよそ2カ所ずつの割合になる見通し。

 太陽光を遮る建物が周辺になく、屋上へのパネル設置に適するとされる恩田ケアプラザには、容量5kWの太陽光発電設備と10kWhの蓄電池を設置予定。発電による電気は蓄電池に貯まり、平常時の自家消費にも使われる。災害情報の収集に活用するテレビやパソコンのほか、携帯電話の充電、人工呼吸器・痰吸引器のバッテリーなどに使用する想定だ。

 着工は7月頃で、10月下旬には運用を開始させたい方針。同ケアプラザの稲田和男所長は「(停電時などに)携帯電話が充電でき、テレビが使えるようになる。携帯で外部と連絡が取れるのはありがたい」と期待を寄せる。

区内では2カ所目

 ケアプラザは災害時、小中学校など地域防災拠点での避難生活に適応するのが困難な要援護者を受け入れる、特別避難場所に指定されている。青葉区には11カ所のケアプラザがあり、太陽光発電の導入はさつきが丘に次いで2カ所目。

 市温暖化対策本部の澤木勉企画担当課長は「東日本大震災では高齢者ら災害弱者が被災地の避難場所で亡くなることもあった。太陽光発電で電力を備蓄して、要援護者の安心、安全に備えたい」と話す。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook