青葉区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

試された「チーム力」 【12】青葉消防署 関谷寿男署長

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
福島県での経験を語る関谷署長
福島県での経験を語る関谷署長

 東日本大震災発生直後の2011年3月22日から25日まで、約30人で構成された緊急消防援助隊の神奈川県隊長として福島県に派遣された。大規模災害現場への派遣は、自身も初めて。県隊長として「正直、不安もあったが、指揮官はそれを表に出してはいけない」と気を引き締めて臨んだ。出発時のあいさつでは「与えられたミッションを完遂すること」「全員が心身ともに無事帰ること」の2点を伝えた。

 現地では消防、警察、自衛隊からなる調整本部の指示を受け、救急搬送活動を担当。津波で被災したいわき市沿岸部の病院から、内陸部の病院へと患者を搬送するため、拠点にしていた福島市の消防学校から片道約130Kmかけていわき市に通った。活動中、問題となったのが人員不足だ。福島第一原発など様々な被災地に隊員が派遣されており、通常なら同行する後方支援隊がいなかったため、食糧確保などに苦慮。また、拠点の消防学校では地震の影響でトイレが断水しており、プールから水を運ばなければならない状況だった。

 現場の病院は、1階部分が全て津波で流され柱だけが残り、周囲には自動車が積み重なっていた。「津波の恐ろしさに衝撃を受けた。病院がつぶれなくて良かった」。病院の判断が早く、津波がきたときには3階に避難していたため、患者全員が無事だったという。現地の消防隊と協力し、寝たきりなど自力では行動できない37人の患者を1人ずつ、8台の救急車で搬送した。2日間かけて、無事に全患者の移動を終えた。

個々の能力向上を

 派遣中は、調整本部からの指示ひとつで任務が変更される。よりチーム力が必要とされる災害現場でありながら、地元や他県の消防本部とも、初対面で共に行動しなければならない。「連携する力がとても重要だった」と振り返る。非日常の現場で、すぐに連携して活動するためには「隊員一人ひとりの能力向上が大切だと痛感」。日常訓練の重要性を再認識し、継続的に人材育成に取り組んでいる。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

地域一体の「どんど焼き」

地域一体の「どんど焼き」 教育

さつきが丘小 「伝統」で10年

1月23日号

聖火リレーのルート発表

東京2020

聖火リレーのルート発表 スポーツ

横浜市内は7月1日に走行

1月23日号

統計に見る日本女性の今

インカレ準優勝を報告

インカレ準優勝を報告 スポーツ

桐蔭横浜大サッカー部

1月23日号

「地域連携で防災を」

「地域連携で防災を」 社会

区民会議の講座に80人

1月23日号

出会いが生む地域の活力

出会いが生む地域の活力 文化

青葉区まち活フォーラム

1月23日号

交通安全訴え、23作品入賞

交通安全訴え、23作品入賞 社会

ポスターコンクール

1月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「カジノなしでも人は来る」

    〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

    「カジノなしでも人は来る」

    1月23日号

  • 学校改革がここまで求められる理由

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

    学校改革がここまで求められる理由

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    1月16日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク