青葉区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

歌手、心理カウンセラーとして「メンタルライブ」を初開催する 松下 可奈さん 美しが丘在住 

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

「七転び八起き」で前へ

 ○…忘れられない光景がある。2011年3月、東日本大震災直後の、明かりが消えた渋谷の街。「誰もが肩を落としている中で、ストリートミュージシャンの周りだけ活気があって。みんなが励まされて、私も鳥肌が立った」。その瞬間、音楽の力を実感した。学んでいたメンタルケアと音楽を融合させた企画は、この時から温めてきたものだ。

 ○…山あり谷ありの半生だった。宮崎県都城(みやこのじょう)市の豊かな自然の中で育ち、母の再婚が許せず家出したのは中学生の頃のこと。同じように家庭に反発して集まった仲間と自暴自棄な生活を送った。「無茶ばかりして。みんな寂しかったんだと思う」。いつ死んでもいいという一方、このままじゃダメだとも感じていた。「この人たちの希望の星にならなきゃ」。自分を見つめ直したとき、よみがえったのは幼い頃に抱いた歌手への夢だ。一念発起し、18歳で単身上京。「思う存分やりなさい」と背中を押してくれた母に、親孝行したいというもう一つの夢も持った。

 ○…その母を22歳で亡くし、音楽を続ける意味を見失ったことも。バンドの解散を繰り返し、やめると決めて趣味のバイク店に就職した。「でも3カ月で倒産しちゃって。諦めないで歌い続けなさい、って母が言ってくれてるのかなって」。音楽活動を再開し、10年の下積みを経てメジャーデビューが決まったのはその直後。テレビやラジオ出演など多忙な日々の先に、今度は燃え尽き症候群という試練が訪れる。ステージに立てず、誰にも会いたくない。引きこもりのような生活から、カウンセリングを受けて少しずつ立ち直った。

 ○…専門の学校に通い、今は心理カウンセラーやメンタルトレーナーとしても活動中。たった一人でも本当に理解してくれる人がいれば、深い闇に落ちずにいられる、と信じる。「体のマッサージをするように、心のケアも手軽にできたら」。新たな思いを胸に、また前へと進む。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

平瀬 徹さん

横浜田園ロータリークラブの会長に就任した

平瀬 徹さん

美しが丘在住 54歳

8月15日号

梅田 優太郎さん

青葉応援団の団員で「団祭」のプロデューサーを務める

梅田 優太郎さん

奈良町在住 23歳

8月8日号

山本 昭二さん

青葉区歯科医師会の会長に就任した

山本 昭二さん

藤が丘在住 59歳

8月1日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

7月25日号

菅野 義矩(よしのり)さん

横浜あおばライオンズクラブの会長に就任した

菅野 義矩(よしのり)さん

荏田町在住 72歳

7月18日号

高橋 司さん

ラーメン店「大桜」の代表取締役で青葉区食品衛生協会の会長に就任した

高橋 司さん

荏田西在住 66歳

7月11日号

齊藤 潤さん

神奈川県司法書士会横浜北支部の支部長に就任した

齊藤 潤さん

すすき野在住 36歳

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

やさしいエクササイズ

やさしいエクササイズ

荏田地域ケアプラザで

9月7日~11月23日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク