青葉区版 掲載号:2015年5月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

あざみ野坂の上クリニック 「糖尿病」自覚症状なく進行も 早期発見で合併症予防へ

地域医療への思いを語る武田理事長
地域医療への思いを語る武田理事長
 現代病とも言われる糖尿病の症状について、「あざみ野坂の上クリニック」などを手がける武田浩理事長に聞いた。「糖尿病の初期段階は、検診等で『尿に糖が出ている』『血糖値がやや高い』と指摘されてもまだ無症状で、喉が渇いたり、だるい程度のケースがほとんどです。しかしそのまま数年放置すると、合併症による症状が出ることもある」

動脈硬化の恐れも

 インスリンの不足などで血液中のブドウ糖が増え、血糖値が慢性的に高い状態になる糖尿病。網膜症、腎症、神経障害の「三大合併症」や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞等の「動脈硬化性疾患」になる恐れも。同院では大学病院など一部の医療施設にしかない「FMD検査」機器を導入。動脈硬化の初期段階を適切に診断し、早期治療につなげている。

 武田理事長は、日本糖尿病学会認定の糖尿病指導医・専門医。「地域に根差した糖尿病治療」を心がけ、伊勢原市の本院「武田クリニック」は糖尿病専門医を育成する研修施設にもなっている。「地域の医療機関や大学病院と連携し、質の高い医療、そして気軽に相談できる医療相談所を目指している」と話す。

6月も糖尿病教室

 病気を正しく理解してもらおうと、同院では「糖尿病教室」を開催中。6月の日程、内容は▽2日(火)午前11時〜正午「糖尿病」▽15日(月)午後1時半〜2時半「糖尿病(食後高血糖)」▽16日(火)午前11時〜11時半「薬物療法」▽23日(火)午後1時半〜2時「検査」。参加費無料。詳細は電話で。

あざみ野坂の上クリニック

横浜市青葉区あざみ野南2-14-4

TEL:045-509-1024
FAX:045-509-1631

http://azasaka.jp

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月1日号

お客様大感謝祭3days

auショップ青葉台店 2月10日(土)・11日(日)・12日(祝)

お客様大感謝祭3days

2月1日号

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

先週の寒波で必要性を痛感

今こそ両親に提案したい「新しい住み方」とは?

2月1日号

プレスクール3クラス募集開始

未就園児のための

プレスクール3クラス募集開始

2月1日号

税制改正大綱と財産管理術

「一生モノ」無垢一枚板フェア

葉山ガーデン横浜長津田店

「一生モノ」無垢一枚板フェア

2月1日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク