青葉区版 掲載号:2015年8月20日号 エリアトップへ

荏田西2丁目 中央分離帯の柵、延長へ 「乱横断」抑止で事故防ぐ

社会

掲載号:2015年8月20日号

  • LINE
  • hatena
現地診断が行われた事故現場=7日
現地診断が行われた事故現場=7日

 荏田西2丁目の交差点「富士塚」付近で発生した交通死亡事故を受け、青葉土木事務所は現場周辺に設置されているガードパイプ(防護柵)の延長を8月上旬に決定した。常態化している道路の乱横断を抑止することで、事故防止に役立てたい方針だ。

 死亡事故は7月、区内の主要幹線道路の国道246号線と交差する市道新横浜元石川線で発生。交差点「江田駅東」に向かう原動機付自転車と歩行者による衝突が原因で、歩行中の女性が死亡した。

 交差点「富士塚〜江田駅東」間、約500mの市道では2012年にも死亡事故が発生。2010年から昨年までの5年間で28件の人身事故が起きており、今年は7月までに死亡を含む3件の事故が報告されている要注意地点となっている。

 地元自治会の関係者によると、現場付近には信号機付の横断歩道があるものの、「待ち時間が長い」などの理由から、近隣店舗の利用者や周辺住民の乱横断が以前から常態化していたという。

現地診断で対策協議

 事故の発生を受け、青葉警察署や神奈川県警察本部、周辺自治会などの関係者約30人が集まり、8月7日に現地診断を実施。事故概要の説明や安全施設等の改良、今後の対策が協議された。青葉土木事務所担当者からは、中央分離帯上の一部分にあるガードパイプを約75m延長することが発表された。道路係の担当者は「9月中には着工したい」と話している。

安全ロープで応急処置

 事故現場付近の中央分離帯には、歩行者の乱横断を抑止するために安全ロープが一時的に設置されている=下写真。延長前の応急処置だが、買い物客らによる横断は一向に抑まらない。

 青葉署交通総務課は「横断歩道や交差点を渡るという基本ルールを守ってほしい。区内でも5件の死亡事故が発生している。(事故を)他人事と思わずに注意してほしい」と呼びかけている。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

「歩く」サッカー広めたい

「歩く」サッカー広めたい スポーツ

区内有志ら、体験会を企画

5月16日号

区内でも「令和」を祝福

区内でも「令和」を祝福 文化

特別メニューを提供

5月1日号

めざすはF1レーサー

令和を担う未来人

めざすはF1レーサー 社会

もえぎ野小1年の坂野君

5月1日号

自転車道ロゴをデザイン

横浜美術大学小柳さん

自転車道ロゴをデザイン 社会

太平洋沿い6県に設置へ

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月25日号

両陛下がこどもの国に

両陛下がこどもの国に 社会

結婚60年の節目に訪問

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク