青葉区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

藤が丘在住星野さん 花のオブジェを凱旋展示 サミット迎賓記念作品に

文化

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
全長3mの作品と星野さん
全長3mの作品と星野さん

 藤が丘在住のフラワーデザイナー星野久美さんが手がけたオブジェが、2月3日(水)から東京都中央区の「三重テラス」で展示される。今年5月の伊勢志摩サミットの迎賓記念作品として、9日(火)まで展示される予定だ。

 昨年11月ニューヨークのカーネギーホールで行われ、全国で5チームが出品した「Kajikiʼs Artist Show」のメーン作品として出品したオブジェの凱旋展示。このショーは花と音楽で日本の伝統文化を発信しようと社団法人国際フラワーアレンジメント協会が主催している。星野さんは石鹸の樹脂が入った香り付きの造花「クリスタルパフュームフラワー」の第一人者として参加。当日の舞台装飾の総合監修責任者も務めた。

 カーネギーホールでの発表を受け5月の伊勢志摩サミットの迎賓記念作品として、三重県のアンテナショップである三重テラスでの展示が決まった。星野さんは「カーネギーで発表した作品を、国内でも見てもらえる機会。お花と着物の融合を通して、日本の文化や伝統を目で見て感じてほしい」と話している。

テーマは「和の心」

 青葉区内でフラワーサロン「フルールトレシック」を主宰する星野さん。今回のオブジェは、自身の生徒21人とチームを組んで昨年制作。「和の心の発信」をテーマに振袖に花をあしらったデザインに決め、扇子など小物類も全て手作りした。折り鶴は厚紙を貼り合わせ、和紙をちりばめ1m大に仕立てた紙で制作。「和洋折衷」を意識し着物の裾部分にサテン生地を合わせるなど工夫を重ねた。配送前日に長さや重量が航空便の規定を上回っていることに気づき、急きょ着物を支えるワイヤーを切断するアクシデントも。「夜中の作業で大変だった。もうできないかも」と苦笑する。

 現在、オブジェは展示に向けて修復中だ。星野さんは「海外の方にも見てもらい、三重県に興味を持つきっかけになれば」と話す。凱旋展示会は2月3日午後1時から同館2階で行われ、三重県の伝統工芸品「松阪もめん」とコラボしたブーケショーや部門ごとの投票も実施予定。問い合わせは花のある街振興会【電話】059・328・3036。
 

青葉区版のトップニュース最新6

「平等」テーマに市長賞

国際平和スピーチコンテスト

「平等」テーマに市長賞 社会

榎が丘小 荒井結宇さん

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook