青葉区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

横浜市 妊娠相談窓口を開設 背景に児童虐待増も

社会

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
啓発用に掲示されるポスター
啓発用に掲示されるポスター

 横浜市は妊娠や出産、育児などの悩みを電話やメールで相談できる専用窓口「にんしんSOSヨコハマ」をこのほど開設した。予期しない妊娠で悩む女性が、孤立することなく相談支援を受けられるようにするのが狙い。市は、妊娠早期からの支援充実と児童虐待防止につなげたい考えだ。

相談員が365日対応

 にんしんSOSヨコハマは臨床経験5年以上の保健師や助産師、看護師などの相談員が妊娠や出産、育児に関する悩みを持つ相談者に365日対応する。必要に応じ、各区の福祉保健センターなどの相談支援機関を紹介するなどして継続的なサポートを目指す。

 横浜市児童相談所での児童虐待の相談・通告受理件数は年々増加し、2014年度には4507件と過去最多となった。厚生労働省が昨年10月に発表した検証結果によると、心中以外の虐待死は0歳児が死亡事例全体の4割以上を占めている。また、妊婦健康診査の未受診や望まない妊娠であるケースも目立った。市こども青少年局こども家庭課によると、妊婦健診を受けず出産時に初めて医療機関を訪れる「飛び込み出産」は、市内でも年間約60件あるという。

妊婦の孤立防ぐ

 市では各区の福祉保健センターでも妊娠などの相談を受け付けているが、利用者は多くないのが現状だ。同課担当者は「特に若年層は区役所には行きづらさを感じると思う。(にんしんSOSは)夜間や土日も行っているので気軽に相談してほしい」と話す。

 1月21日の開設以降、1日あたり1〜2件ほどの相談が窓口に寄せられている。同担当者は「早く相談することで産む準備も整えられるし、状況によっては産まない選択をすることもできる。サポートを受けて考えが変わることもあるので、1人で悩まないでほしい」と話した。

 日本助産師会副会長の山本詩子さん(山本助産院・金沢区)は、同事業について「児童虐待を予防するためにも重要」と評価する。その一方で、「本来、妊娠は喜ばしいこと。『予期しない妊娠』だけでなく、幅広い相談を受け入れていることも周知してもらえれば」とも話した。

 相談は【電話】045・662・5524(午前10時から午後10時)、メールは横浜市ホームページからアクセスできる。無料(通話料は自己負担)。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook