青葉区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

区内福祉法人 十日市場に“美術館” 障害者作品を常設展示

文化

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
美術教室の体験で制作する参加者
美術教室の体験で制作する参加者

 青葉区の社会福祉法人試行会(しこうかい)が今年1月、障害者の芸術作品展示や美術教室を目的にオープンさせた「あおばのギャラリー」(緑区十日市場町893の18)。これまでは施設関係者の利用がほとんどだったが、今後は地元の障害者や一般住民にも利用してもらえるように現在、準備を進めている。

 ギャラリーは、昨年10月に同法人が完成させた障害者の日中活動拠点「十日市場ワークステーション」の地下1階部分。当初からギャラリーの開設を予定していたもので、約253平方メートルのスペースに障害者の絵画や書、造形作品等を展示している。現在は自閉症と知的障害がある氏田正人さんの作品などを展示。氏田さんは各所で個展を開催するなど、絵画制作活動を続けている。

地域交流の拠点に

 同法人は、青葉区奈良町の障害者支援施設「青葉メゾン」など、福祉施設を複数開設してきた。「美術館」を設置する構想は20年ほど前から出ていたという。「障害者が暮らす場所や作業所等の活動場所は近年整備が進んできたが、一方で余暇や芸術活動の場は少ない」と、準備に携わってきた同法人の中西晴之さんは話す。「絵を描いたり、余暇を楽しんだり、健常者と同じ活動を障害者もできる社会をつくることが大切。障害者による芸術作品への理解を広め、地域の交流拠点になればという思いだった」

 ギャラリーは同法人福祉関係者や障害者の保護者、芸術家らが協力して今年1月にオープン。正人さんの母親で副館長の氏田照子さんは「この広さで障害者の作品をメーンで常設展示するのは、横浜で初めてでは。地域に愛される美術館にしたい」と意気込みを語る。

一般住民にも開放へ

 現在、養護学校や福祉施設等を回り、周知活動を進めている。6月からは、障害者を主な対象に絵画や粘土などの造形作品を制作する美術教室が始まる予定だ。5月まではその準備段階として、体験教室を無料で実施している。

 3月12日の体験教室には11人が参加。青葉区に住む佐伯恵さん(16)とその家族も参加し、絵の制作に取り組んだ。父親は「娘は障害があり、一人で閉じこもりがちだったが、絵が好きなので参加した。社会との接点になれば」と話した。

 教室は毎月第2・第4土曜日の午前と午後の各日2回。芸術家で講師を務める櫻井克樹さんは「今後、一般の子ども対象の教室も実施予定」と話す。詳細はギャラリー直通【携帯電話】070・4103・7745。

展示スペース
展示スペース

古谷商店

日々の暮らしのお手伝い

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「子どもと若者の図書館を」

たまプラ

「子どもと若者の図書館を」 文化

私設の居場所 21日開館

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

対コロナの区政運営

対コロナの区政運営 政治

小澤区長インタビュー

1月14日号

区内3,755人が門出

成人式

区内3,755人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 経済

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」

会場参加/Web視聴 募集

2月13日~2月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク