青葉区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

桐蔭学園 「18歳選挙権」受け講演会 政治と選挙の意味考える

教育

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena
約1000人が参加した講演会
約1000人が参加した講演会

 公職選挙法改正により18歳以上が初めて選挙権を持つ参議院議員選挙を前に、桐蔭学園は6月8日、男子部・女子部の高校3年生、中等教育学校6年生の約1000人を対象に主権者教育として講演会を実施した。

 講師を務めたのは桐蔭法科大学院教授で元日本弁護士連合会副会長の久保利英明氏。久保利氏は生徒を前に「なぜ政治が必要なのか」と問いかけ、「自分の自由を保ちながら大勢のほかの人たちと暮らすと、お互いに意見や利害が生まれる。それを調整するのが政治」と説明。また、前回の参院選では国民の40%の投票で選挙区選出の参議院議員の過半数が選任されたことを説明し、民主主義の前提となる「多数決」が「少数決」となっているなど現在の選挙制度についても解説した。

 一方、少子高齢化で有権者の高齢者割合が増加し、政治家が高齢者を優遇する「シルバー民主主義」についてもふれ、若い世代が声を挙げる重要性も指摘。最後には「選挙制度が変わることは、政治が変わるきっかけになる」と話し、参院選への参加を呼び掛けた。

「有権者」にとまどい

 講演後、初めて選挙権を持つ女子部3年の佐藤華純(かすみ)さん(18)は「何も知らないので無責任に投票するのが怖かった。有権者となることに戸惑いがあった」と話すが、「自分が行くことでほかの若い人も行くようになれば」と感想を語った。また、中等教育学校6年の児玉大河君(17)は「今回は投票できないけれど、マニフェストや候補者の声を聞き、その次の選挙に生かしたい」と話していた。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook