青葉区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

県議会レポート 〈ごみ問題対策編〉 循環型社会に向けて計画改定中 神奈川県議会議員(自民党) 内田美保子(みほこ)

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena

 今年度は環境保全や公害防止、農林水産業などについて審査する神奈川県議会の環境農政常任委員会に所属して活動していきます。

 環境政策で言えば、県は2016年度から25年度までの施策の方向性を定める「神奈川県環境基本計画」を策定しました。今後は「持続可能な社会の形成」と、「豊かな地域環境の形成」を二本柱として県政を進めていきます。

廃棄物ゼロ社会目指し

 策定した基本計画や国の廃棄物処理法改正等の状況変化を踏まえ、現在推進している「神奈川県循環型社会づくり計画」の改定も進めています。

 この計画は「廃棄物ゼロ社会」の実現を目指し、ごみの排出量を減らすとともに、ごみを資源として循環させる行動を示したもので、09年度を基準年度として21年度の目標を定めたものです。

 改定骨子案では、県民1人が1日に出す生活系ごみの排出量を現在目標としている680gから減らす方向で調整しているほか、新たに再生利用率についても目標を設定。一般廃棄物は31%、製造業における産業廃棄物は50%をリサイクルすると目標を掲げています。

 また、不法投棄等残存量を前年より減少させていくことや、東京五輪に向けた整備事業などで想定される建設系廃棄物の不適正保管対策の推進を明確に位置付けています。

状況把握丁寧に

 計画は循環型社会を構築し、「廃棄物ゼロ社会」に向けて進めるためですから、毎年度の目標値や廃棄物の排出量、再生利用率、最終処分量など、各種取組の実施状況は詳細に把握し、次年度や将来につなげていくことが大切です。ごみに関する計画は、暮らしに直結する生活系ごみも含め、私たちが不自由なく、また、環境が悪化しないよう、行政のリーダーシップが強く求められる分野であります。私も強い関心をもって取り組んでいきたいと思います。

内田みほこ

横浜市青葉区新石川1-10-11

TEL:045-910-0920
FAX:045-910-0921

http://www.rose-miho.com/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

地産地消の推進を!

市政報告㉔

地産地消の推進を!

横浜市会議員 田中ゆき

5月5日号

神奈川県のウクライナ人道支援

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

神奈川県のウクライナ人道支援

「侵略に断固抗議する決議」を可決

4月14日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

安全安心な歩行空間の確保を!

市政報告㉓

安全安心な歩行空間の確保を!

横浜市会議員 田中ゆき

4月7日号

不登校でも学べる機会を

不登校でも学べる機会を

横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

憲法フォーラム5月15日開催

衆議院議員みたに英弘事務所主催 当日の講師は高市早苗氏

https://mitani-h.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook