青葉区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

第43回青葉区民野球大会で初優勝した「横濱鳥」の監督を務める 有馬 寛人(ひろひと)さん すみよし台在住 35歳

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

永遠の野球少年

 ○…14年前、地元の少年野球チームのOBで立ち上げた「横濱鳥(バード)」。その創設メンバーで、当時から選手兼監督としてチームを牽引してきた立役者だ。エースを担い、約2カ月にわたる熱戦を戦い抜いて手にした初優勝。「チームメイトの結婚式に優勝旗を飾りたい」という声も後押しになった。「今年は新メンバーも入り、すごくいい雰囲気の中でやっている。優勝できて本当にうれしい」と喜びをかみしめる。

 ○…生まれも育ちも青葉区。恩田小学校1年の時、父がコーチ、母がスコアラーを務める少年野球チーム「ヨコハマナイン」に、2つ上の兄とともに加入した。「だからチームの練習が終わっても、また練習が始まるんですよ。父と兄と、気づいたらメンバーも一緒になって」と苦笑い。自身が6年の時にチームは10周年を迎え、緑区(当時)大会で優勝。「横濱鳥」は大学生のときに、その当時のメンバーで結成したチームだ。

 ○…現在は市内の中学校に事務職として勤務。4月からは経験を買われ、野球部のコーチも務める。「話が聞けるし行動できる。教えがいがあって中学生はおもしろい」。練習でバッティングピッチャーを毎日こなしてきたとあって「優勝できたのは、そのおかげもあるかも」と笑顔だ。「教師になりたい」と思ったこともあったが、今はこの仕事にやりがいを感じる。「人が好きで。子どもと関わりながら、先生を支えていく。充実していますね」

 ○…根っからのスポーツ好きで、週に一度はジムに通う。たまの休みの野球観戦や仲間に教えられたゴルフも、最近の楽しみだ。しかし何より楽しいのは、やはり野球の試合後の仲間との乾杯。上も下もなく意見を言い合える、そんな環境づくりにも余念がない。14年間、解散の危機もなく続けてこられたのはメンバーの協力あってこそ、と力を込める。「体が動くうちは続ける」と、少年のような笑顔をみせた。

青葉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

鈴木 清一さん

奈良の丘小学校で農業指導を20年間続け、教育委員会表彰を受けた

鈴木 清一さん

恩田町在住 69歳

3月25日号

越田 美弥子さん

青葉区青少年指導員連絡協議会の会長として、2020年度の横浜市教育委員会表彰を受けた

越田 美弥子さん

すみよし台在住 67歳

3月18日号

李 誠雅(リ ソンア)さん

なでしこリーグ1部、日体大フィールズ横浜の新キャプテンを務める

李 誠雅(リ ソンア)さん

鴨志田町在住 21歳

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル

20日から「めぐる布市」

4月20日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter