青葉区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

グッドデザイン賞 自閉症児支援品で受賞 あざみ野の古林さん

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
製品を手に笑顔の古林さん
製品を手に笑顔の古林さん

 あざみ野の(株)古林(こばやし)療育技術研究所(古林紀哉代表)が開発した自閉症児の生活支援グッズが、2016年度のグッドデザイン賞を受賞した。作品は明日10月28日(金)から11月3日(祝)まで、東京ミッドタウン=東京都港区=で展示される。

◇  ◇

 グッドデザイン賞は、(公財)日本デザイン振興会が主催する総合的なデザインの推奨制度。よいデザインの指標となる「Gマーク」をつけることが認められる。

 同社が開発したのは「コバリテ視覚支援スタートキット」。優先順位をつけて行動することが苦手な自閉症の子どものために、予定を視覚化する「見て動かすスケジュール表」だ。スケジュールボードと「起きる」「学校」など文字と絵が描かれた絵カード、磁石でボードに貼りつけるカードフォルダー等をセットにしたもの。日や週単位の予定をボードに並べ、終わったものを自分で外していくことで行動の見通しが立ち、子ども自身が不安なく過ごせるようにすることが目的だ。

経験から商品化

 古林代表は、重度の自閉症で話すことができない三男(15)とコミュニケーションをとるために、息子が8歳の頃から妻とともに絵カードを手作りしてきた。古林代表の息子も優先順位をつけるのが難しく、やりたいこと以外のことが起きると癇癪やパニックを起こしていたといい、そこでスケジュール表の重要性に気付いたという。「順番を見せてあげると、その通りに行動できるようになった」。これらの経験をもとに試作を重ね、工業デザイナーとともに昨年開発、商品化した。自閉症児を持つ多くの家庭でこれらのグッズは手作りされているが、使い勝手が難しく、うまく活用できていないケースも多いという。古林代表は「予定終了後にカードを外すことが確認の意味で重要なので、外しやすさも工夫した。8年間手作りしてきたノウハウを詰め込んだ。今後はサイズを大きくして、学校の黒板でも使えるようなものを作りたい」と話す。製品の詳細は【URL】http://www.kobarite.co.jp/。

青葉区版のトップニュース最新6

4年間無火災を達成

4年間無火災を達成 社会

新荏田連合自治会

10月28日号

学生科学賞で県知事賞

すすき野中伊藤さん

学生科学賞で県知事賞 教育

「聖牛(ひじりうし)」で2年連続最優秀

10月28日号

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高齢者のアクティブな生き方とは

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

    高齢者のアクティブな生き方とは

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月28日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

    10月28日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

    10月28日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook