青葉区版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

区内2団体 水辺の活動に表彰 市、美化や情操教育を評価

社会

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内の河川・水辺で美化活動などに取り組んでいる水辺愛護会に対し、横浜市は10月28日、表彰式を中区の情報文化センターで実施した。青葉区からは「黒須田リバークリーンクラブ」(中山剛会長)が特別表彰、「谷本せせらぎふれあいの道水辺愛護会」(飯田紀夫代表)が永年表彰を受賞した=写真。

 水辺愛護会は、地域の水辺環境を良好に保ち、市民が快適に水辺とふれあい、親しむことができるように美化活動などを自発的に実施する団体。横浜市内で94団体、区内では4団体が活動をしている。

 特別表彰を受賞した黒須田リバークリーンクラブ(会員数35人)は、黒須田川の錦橋から鶴見川合流点を活動範囲としている団体。川の中にあった大量のごみを拾い始めた前会長の本山和一郎さんに呼応する形で2001年2月に活動をスタート。現在は遊歩道の清掃、草刈りを中心に毎月活動している。

 また、夏休み前には子ども向けに「黒須田川探検隊」と称して魚やエビなどの観察を行っているほか、黒須田小学校の児童と生物調査を例年実施。子どもと活動する機会作りに積極的で、中山会長は「子どもが身近な川の観察を通じて環境保護意識を持ってもらえたら」と思いを語る。今回の特別表彰は永年の活動に加え、子どもの情操教育や水辺愛護意識の醸成を図る活動に特に熱心に取り組んでいることが評価されたものだ。

 中山会長は今後の活動について「今までと同じように活動していきたい。そのためにも、若い次世代の人に活動を引き継いでいきたい」と話している。

谷本は活動10年

 一方、永年表彰を受賞した谷本せせらぎふれあいの道水辺愛護会(会員数100人)は、水路沿いの緑道、「谷本せせらぎふれあいの道」を活動範囲としている団体。緑道整備を機に、藤が丘1丁目町内会が中心となって06年に結成し、谷本小学校の児童と一緒に草刈りや清掃を実施している。

 飯田代表は「歴代続いてきた活動が認められてうれしい。今まで通り活動を継続させていきたい」と語っていた。

 表彰式当日は平原敏英副市長が表彰状を贈呈したほか、中島泰雄道路局長が「区政を推進する上で本当に必要な、かけがえのない活動」と労った。また、当日出席した小池恭一青葉区長は「青葉区は鶴見川を中心とした水のまち。地域のコミュニティーづくりにも貢献している水辺愛護会の活動が区内各所にも広がってもらえれば」と話し、槇重善青葉土木事務所長は「気持ちの良い空間づくりを進めてほしい」と期待を語った。
 

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook