青葉区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

タイからの来浜客大幅増 中華街や大観覧車に満足感

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
横浜をPRする職員
横浜をPRする職員

 横浜市が今夏、横浜来訪経験のあるタイ在住者を対象に行った調査で、回答者の約9割が横浜を旅行先として人に薦めたいという結果だったことが分かった。タイからの観光客はここ数年で大幅に増加しており、市は今後の施策検討に活用していくとしている。

 調査は、横浜への来訪経験があるタイ在住の20歳から49歳の男女を対象に今回初めて実施。インターネットで267人から回答を得た。主な調査項目は横浜を訪れた理由や場所、満足度など6項目だ。

 調査の結果、訪れられている場所のトップは「横浜中華街」で、以下「夜景目的」、「コスモワールド・大観覧車」が続いた。総合的な満足度を聞く項目では「期待通り」「期待以上」の回答が9割超で、特にリピーターからの評価が高かった。これについて市は「繰り返し訪れる富裕層がいることに加え、都心から近いという利便性もある。過去データの分析でタイからの誘客が有望と考え、特に力を入れてきた」と話す。

 市内の外国人延べ宿泊者数は、国の観光振興策もあり年々増え続け、2010年に約34万人だった宿泊者数は、昨年約72万人となっている。同期間でタイからの宿泊者数は3495人から3万559人へと大幅に増加した。更に14年から15年で見ると、前年比258%増で、その伸び率はナンバーワンだ。市はそこに目を付けた。13年からタイでセミナーや、体験提案型のマップづくり、旅行博への出展など、あの手この手でPRに努め、今年度はテレビ番組の放映も行っているという。市は「国ごとに観光客のニーズは違う。今後もタイに留まらず、それぞれに合わせたコンテンツを発信し続けていきたい」と意気込んでいる。

 国内、そして市内へと外国人観光客が増える中で、市は観光都市としてののび代はまだまだ大きいと感じている。こうした中、今年1月、ぐるなびと訪日外国人旅行者に関する連携協定を締結するなど受入体制強化に努めている。また中心部以外への観光振興についても、現地ツアーに市内を幅広く盛り込むよう働きかけるなど、観光資源は豊富にあることをPR中だ。市は「今後もまずアジア8地域を中心に誘客に注力していきたい」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク