青葉区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

「安全運転で明るい新年を」 青葉署、街頭で呼びかけ

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
注意喚起する参加者
注意喚起する参加者

 青葉警察署などは年末の交通事故を防ごうと、12月9日に青葉台駅周辺で事故防止キャンペーンを実施した。区内では10月に2件、11月に2件の死亡事故が発生したこともあり、例年にも増して安全運転を呼び掛けている。

 キャンペーンは11日から20日までの10日間行われた「年末の交通事故防止運動」に先駆けて実施されたもの。当日は同署のほか、青葉交通安全協会や青葉安全運転管理者会、地域交通安全活動推進委員など40人弱が参加した。

 例年、年末は交通事故が増える傾向があることから、駅前で通行人やドライバーに安全運転や飲酒運転の根絶、シートベルトの徹底など声掛けやチラシを配布して訴えた。また、飲酒運転の根絶に関しては、飲食店にも協力を依頼。客に対し飲酒運転を絶対にさせないことや、飲酒をしないで同席者を送り届ける「ハンドルキーパー」運動を呼びかけてほしいと青葉台南商店会の飲食店に周知して回った。

死亡事故は5件

 同署によると12月13日現在、区内で今年起きた死亡事故は5件。そのうち10月、11月は各2件、計4件と集中して発生している。また、亡くなった5人のうち3人が65歳以上で、高齢者の死亡事故が目立っている。事故の状況で見ると、高齢者が横断歩道ではない場所を渡ろうとして事故に遭ったケースが2件あった。

 同署は見通しが悪くない場所で事故が発生していることを踏まえ、日頃から歩行者は明るい服装の着用や反射材を活用すること、乱横断をしないなど交通マナーを守ることが自分を守ることにつながると話す。一方、乗用車側にも早めのライト点灯や通常時からハイビームで視界を確保し、対向車がある時だけロービームにすることを呼びかける。

 昨年に比べて死亡事故件数は4件減っているものの、発生件数や負傷者数は増加している。同署は「飲酒したら自動車、自転車の運転は絶対にだめ」と呼びかけ、「年末に油断をせず、安全運転で明るい新年を迎えてほしい」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 教育

県内日帰りに変更も

10月1日号

あおば小麦ビールが完成

あおば小麦ビールが完成 社会

10月中旬から提供開始へ

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク