青葉区版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

横浜美術大 台湾・科技大と協定 修復保存研究で交流

社会

 鴨志田町の横浜美術大学(岡本信明学長)はこのほど、台湾の正修科技大学(龔瑞璋学長)と交流協定を締結した=写真・横浜美術大学提供。

 協定は、横浜美術大学の「寺田倉庫寄付講座 修復保存コース」の開講に伴い締結されたもの。古美術の修復保存に実績のある正修科技大学との教育や学術、文化交流が目的だ。同コースはメディアやワイン、美術品など専門性の高い商品の保管事業を行う寺田倉庫(株)(中野善壽代表取締役)=東京都品川区=の寄付により開設。美術・工芸品修復保存の人材育成に向けて今年4月に開講する。

 昨年12月には科技大の担当者が横浜美術大学を訪れ、協定の調印式を行った。岡本学長は「来年には学生を選抜し、現地に派遣する。グローバル化に向け、語学力の強化も目指したい」と期待を寄せる。今後は、修復保存に関わるインターンシッププログラムなどを相互に実施していく予定だ。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク