青葉区版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

横浜美大菅原さん 内閣府公募で最優秀賞 文化発信のロゴ制作

社会

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena
笑顔の菅原さん(右)と岡本学長
笑顔の菅原さん(右)と岡本学長

 2020年の東京五輪・パラリンピックを契機に、日本文化の発信を目指す「beyond2020プログラム」のロゴマークに、横浜美術大学(鴨志田町・岡本信明学長)の菅原みこさん(3年)の作品が選ばれた。

 これは政府が2020年以降を見据えて、日本文化の魅力を発信する事業や活動を認証し、統一感を持って日本全国を盛り上げていこうという取り組み。ロゴマークは伝統的な芸術をはじめ食文化や祭り、工芸品など、政府から認定を受けた事業で使用できるもので、「全国芸術系大学コンソーシアム」加入大学を対象に内閣府が公募。菅原さんの作品が39点の中から最優秀賞を受賞した。

 菅原さんはビジュアルコミュニケーションデザインコース所属で公募等への出品は初めて。授業の課題で応募を決め、2カ月かけて制作した。「一目で『いい』取り組みだとわかるような、明るく前向きなイメージをどうシンボライズするかすごく迷った」と話す菅原さん。プログラムの認定キーワードである「国際化」「多様性」について考え、言葉が通じなくても伝わる「ジェスチャー」に着目したという。でき上がったロゴマークは「b」と、「いいね」や「グッド」を表す「サムズアップ」をかけ合せたデザイン。活発なイメージと日本の国旗も意識し、朱色を使ったのも特徴だ。

 2月1日には同大で報告会を開催。菅原さんは受賞の喜びを語り「スポーツだけでなく、文化も世界に広めてほしい。前向きなメッセージを与えることができたら」と笑顔をみせた。岡本学長は「大変名誉で嬉しい。横浜の地から核になって盛り上げていこうという責任も感じる」と話した。
 

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook